トピックス
No.381【「人はコストではなく資源だ」】-2005.11.16
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.860~889 arrow No.861 ≪上海展が無事閉幕!≫-2015.4.1
No.861 ≪上海展が無事閉幕!≫-2015.4.1 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2015/04/01 Wednesday 16:00:16 JST

No.861 ≪上海展が無事閉幕!≫-2015.4.1 目加田博史

 

皆様のご支援のおかげさまで、327日(金)~29日(日)、上海大学図書館での「第一回日中大学学生芸術交流展」が無事閉幕しました。日中の学生が主体となった今回の上海展は21世紀を生きる若人が国を超えて交流する良い機会となりました。

開会の前日に、日中の学生が一つの目的に向かって互いに協力して、日本から持参した絵を額装したり、展示レイアウトを決めたりする共同作業は日中の国境を次第に消してゆきました。上海大学の日本語学科の多くの学生が通訳をしてくれて、言葉に不自由することはありませんでした。英語を話せる学生も多く、大学構内ではコミュニケーションの問題はそれほど感じませんでした。1km四方の敷地面積を持つ上海大学には45,000人の学生や留学生が学んでおり、地下鉄駅が隣接し、海外からの来訪者向けのホテルも大学が経営しており、日本から渡航した学生はこのホテルに宿泊することができました。殆どの学生が地方から来ているため、学生寮が完備されています。私が確認しただけでも校内外に20棟近くの5階建てのアパートのような建物がたっていました。

受入側の上海大学の責任者は日本への留学経験もあり日本語が堪能な方で、今回の交流展の実現までの裏話を語ってくださいました。
微妙な日中の政治情勢を反映して、201411月のAPEC20153月の全人代の政治イベントのたびに変更を余儀なくされ、中国側の配慮は想像を絶するものがありました。「会場は上海大学図書館ですが、あくまでも場所を貸しただけで、内容までチェックしていません」(だから、何か不都合が起きても表だってサポートできませんよ)というスタンスです。主催はあくまでも日中の学生の自主的な催しなので、(作品の事前検閲等の正式な手続きを経ていない催事に国の機関の一部である大学が関わり主導的役割を果たすと責任問題に発展しかねないので)上海大学が表に出ることはありませんでした。まだまだ中国での表現には一定の制限がありますし、解釈の違いもあり、持参した作品の中で展示できない作品もでてきました。
とはいうものの、無事に開幕から閉幕まで多くの中国人と交流できました。全員元気に関西空港に帰国できてほっとしました。

期間中、FacebookTwitterLINEGoogle検索、Google MailOutlook等多くのネットワークツールが使えず、規制が以前より厳しくなっていました。事前に中国版LINEWeChatを皆がインストールして連絡用に使えたのは何よりでした。
やってみて初めて分かったこと、行ってみて初めて分かったこと、多くの学びを得て、有意義な時間を過ごすことができたことに感謝します。ありがとうございました。

最終更新日 ( 2015/04/01 Wednesday 16:00:55 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418