トピックス
No.390【人は能力が及ばなくなると「逃げる」「言い訳」をする】-2005.1.25
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.800~829 arrow No.819 ≪凡事徹底≫-2014.6.4
No.819 ≪凡事徹底≫-2014.6.4 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2014/06/04 Wednesday 17:09:59 JST

No.819 ≪凡事徹底≫-2014.6.4 目加田博史

 

 

今週は講演会を沢山聞きました。6月2日には大阪府倫理法人会の特別講演会が帝国ホテルであり、神渡良平氏の「一粒の麦」という演題で、倫理活動の創始者丸山敏雄氏の世界を語られました。翌日の6月3日のモーニングセミナーでは神渡良平氏が安岡正篤氏、中村天風氏を題材に人の上に立つ者の人間学という演題で講演がありました。その午後、沖縄で鍵山秀三郎氏の「凡事徹底」の講演会があり、その後の少人数の懇親会でじっくりと物の味方や考え方をお聞きしました。神渡良平氏と鍵山秀三郎氏は「日本掃除に学ぶ会」活動の共鳴者で、鍵山秀三郎氏は「はがき道」の坂田道信氏、詩人の故坂村眞民氏の共鳴者です。

人のご縁は不思議にどこかで必ずつながってきます。友人の友人の友人はまた友人です。アメリカ大統領に会うには5人の良き友人を持てばよいといいますが、人のご縁はまさに不思議です。

安岡正篤氏はこれを「縁尋機妙 多逢勝因」と喝破されました。縁とは奇妙なもので、よき人と出会うことが良い結果を招く要因だといわれるのです。

良い思想のもとで、よい行いを、続けることが大切です。

鍵山秀三郎氏が講演の中で追われました。「高い理想は挫折する、大きな計画は破たんする。しかし、そこでやめるのではなく、高い理想を継続すると反転する。大きな計画を続けると成長する」そして、永続することはできないが継続することはできると言われます。

平凡な事を愚直にコツコツと徹底して続ける。これを凡事徹底といいます。鍵山秀三郎氏の口癖です。私も永続はできないけれども継続はできますので、一つ事を続けてゆこうと思います。

次回以降に、講演内容を整理して皆様にシェアしたいと思います。

最終更新日 ( 2014/06/04 Wednesday 17:10:19 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418