トピックス
No.382【会社の宝は智恵巧者】-2005.11.23
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.800~829 arrow No.808 ≪クリミア問題と干支≫-2014.3.19
No.808 ≪クリミア問題と干支≫-2014.3.19 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2014/03/19 Wednesday 13:02:23 JST

No.808 ≪クリミア問題と干支≫-2014.3.19 目加田博史

 

今回は会社経営とは少し趣を異にしますが、クリミア問題と干支(えと)について考察しようと思います。関心のない方は、読み飛ばしてください。
昨日(2014318)、ロシアのプーチン大統領はクリミアの住民投票の結果を受けて、ロシア編入を発表しました。黒海沿岸にある要衝の地であるクリミアはロシア最大の海軍基地があるところです。私のつたない歴史認識では、ロシアは1774年にオスマン・トルコから領内の「ロシア正教徒の保護権」を獲得しました。その後、1853年にフランスがオスマン・トルコ領内のキリスト教施設の保護権を獲得したことに反発してクリミア戦争がおき、ヨーロッパ列強が参戦した大きな戦争になりました。結果的にロシア最大の海軍基地のあったクリミア半島のセバストポリが陥落し、ロシアは敗戦しました。この時に敵味方の区別なく傷病兵の看護にあたったのがナイチンゲールで今の看護師の始まりとなりました。

その後、1914年に地中海の東端にあるヨーロッパの火薬庫と呼ばれたバルカン半島で第一次世界大戦が始まり、その最中に起きたロシア革命によりソ連が誕生しました。その後勢力を拡大したソ連ですが、1954年にフルシチョフが生まれ故郷のウクライナに錦を飾ったのかどうかわかりませんが、純ロシア領土ともいえるクリミアをウクライナに帰属させて、クリミアはウクライナ領となりました。同じソ連領土内ですので、政治的には何の問題も発生しませんでしたが、1991年にソ連が崩壊し、ウクライナが独立したことで、今回の問題が表面化しました。
もともとロシアの領土だったクリミアをフルシチョフがウクライナに渡したが、今回それを本来の姿に戻したのだという事でしょう。

面白いのは、干支との関係です。クリミアをロシアに編入した今年は「甲午(きのえうま)」です。オスマン・トルコにロシア正教徒の保護権を獲得した1774年も「甲午(きのえうま)」、1853年に勃発したクリミア戦争は「癸丑(みずのとうし)」で、戦況が悪化した1854年は「甲寅(きのえとら)」、その後勢力を盛り返したロシアがドイツと対立した第一次世界大戦は1914年で「甲寅(きのえとら)」、フルシチョフがクリミアをウクライナに帰属させた1954年は60年前の「甲午(きのえうま)」です。「甲(きのえ)」年は、整理が進んだ大地に落ちた種が殻を破って芽をだすときで、別名「かいわれ」ともいわれます。くしくも同じ「甲(きのえ)」年に起きているのは何かの因縁かもしれません。

干支は天地のエネルギーの循環を表していますので、単純な占いとは異なり、人間と自然の関わりの中で繰り返される歴史として見てゆくと、一つの知見ととらえることができるのではないでしょうか。
そういう意味では今年は世界情勢を大いなる関心をもって見ておかねばならないと思います。

最終更新日 ( 2014/03/19 Wednesday 13:02:43 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418