トピックス

No.397【「おもてなし」が会社を伸ばす】-2006.3.15

更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.770~799 arrow No.799 ≪日本に生まれて良かった≫-2014.1.15
No.799 ≪日本に生まれて良かった≫-2014.1.15 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2014/01/15 Wednesday 16:13:48 JST

No.799 ≪日本に生まれて良かった≫-2014.1.15 目加田博史

 

今年も裏千家の初釜式にお招きいただき、沖縄今日会の皆様と参加させていただきました。毎年17日の初日の午後席にお招きいただきますが、これは大宗匠が特攻隊の生き残りということもあり、南方海域、中でも沖縄・奄美に特別な思いをお持ちだとお聞きしました。卒寿を迎えられても、世界中を平和祈願の献茶行脚をされていることからもその思いの強さがひしひしと伝わってきます。

新年早々から、日本文化の原点に浸れて、幸せでした。平和な日本に生まれ、育ち、祖先や先輩諸氏のご努力のたまものと感謝してもしきれません。海外旅行に行けば、日本国のパスポートの威力を実感します。パスポートの表紙の色を見るだけで、開きもしないでフリーパスでイミグレーションを通す国がいくつもあります。日本の常識は世界の非常識といわれて久しいですが、最近は、「クールジャパン」が浸透して日本の良さを知る外国人が大変増えました。日本の和食が世界無形文化遺産に登録されて、なおさらその動きはましてゆくでしょうが、その中でも「茶道(Japanese tea ceremony)」が日本を代表する文化のエッセンスです。

戦国時代に千利休が茶道、なかでも「わび茶」を完成させ、時の権力者の加護をうけて普及させて現代に至ります。お茶には日本文化の全てが入っているといっても過言ではありません。お茶、和菓子、料理、花道、禅、香道、着物、茶道具、書道、易、数寄屋建築、冠婚葬祭等、礼儀作法から建築まで含まれています。クールジャパンで注目され、「異質な日本人」から憧れの「かっこいい日本人」へと世界の価値観が著しく変化している今、私たち日本人も変わらねばならないと思います。

同じ日本文化の本質といえるのが(伊勢)神宮に代表される神道です。ご縁があって、伊勢修養団主催の初詣に行ってまいりました。さすがに凍てつく中での「禊(みそぎ)」に参加する意気地はありませんでしたが、早朝からの参詣は清々しく心地よいものでした。今年は20年に一度の遷宮年明けですので、内宮から外宮へと参拝順が変わります。
かっては、葬式を扱う僧侶は「穢れ(けがれ)」があるので伊勢神宮への参詣は許されず、五十鈴川縁から遥拝するしかなかったそうです。それがあったかなかったかわかりませんが、有名な西行法師の「なにごとの おわすものかはしらねども かたじけなさに なみだこぼるる」と詠んだ歌は、内宮参詣を許されなかったという時代背景を考慮すると一層奥深いものを感じます。

日本人及び日本文化に触れながら、その本質に迫り、日常の生活習慣に取り入れつつ、経営に生かしてゆかねばならないと実感した1週間でした。

最終更新日 ( 2014/01/20 Monday 12:31:53 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!