トピックス
No.386【感動的な明太子】-2005.12.21
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0380~0409 arrow No.391【今時のイギリス】-2006.2.1
No.391【今時のイギリス】-2006.2.1 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2006/06/01 Thursday 12:35:02 JST
No.391【今時のイギリス】-2006.2.1

お客様とはどんな人か
業績をあげるには「増客」といって、お客様を増やすことがもっとも大事なことです。わかりすぎるほど当たり前の話ですが、本当にわかっているかどうか疑わしい場合があります。
なぜなら、「増客」=「新規開拓」と捉えている人が非常に多いのです。新規開拓は常に、やらねばならないことですが、新規開拓することがだけが「増客」だと考えるのは早計です。
お客様には ①信者客 ②固定客 ③一般客 ④一見客 ⑤休眠客の5種類があって、④の一見客や⑤の休眠客はほとんど業績に関係していません。意外と見過ごされているのが、「休眠客」です。
何らかの事情があって、休眠しているのですが、もったいない話です。お客様の業績が伸びず、取引が見込めない場合は「休眠客」になる場合あるでしょうが、ほとんどは自社の営業体制に問題があり、それが原因で、休眠している場合がほとんどです。
クレームが発生し、そのクレーム処理を担当に押し付けて、上司がまったくかかわらなかったり、担当者が内緒で適当に処理して、それが発覚してさらに大きなクレームになり、お客様を怒らせてしまい出入り禁止になったりして休眠客ができます。
これをどのように活かすかを次回提案してゆきましょう。

fax_no.3911.gif

1 イギリスの大手回転寿司店が海外進出

タイムス誌によると、依然根強い寿司ブームにのって、イギリスの回転寿司の大手チェーン店、YO SUSHIがフランスで初めてのチェーン店をオープンしたことが明らかになりました。
同社はフランス以外のヨーロッパでも店舗拡大を図っており、スペインとのフランチャイズ契約も間近かまで来ているとし、更にアメリカにおいてもボストンやワシントンDCなどの都市で店舗展開を図る計画があるとのこと。
ちなみにイギリスでは、既に18店を開店しており、更に新規3店をオープンさせる予定になっています。

環境意識の高いイギリス人

環境問題に取り組むため、家庭用品でもエネルギー節約型のものに切り替えたり、観光や住宅ローンも環境に貢献するタイプのものを選んだりするイギリス人は、2004年だけで平均21%増加し、環境への配慮のためにイギリス人が支出した額は34億ポンド(約6,800億円)にも及んでいることが調査の結果明らかになりました。
カナダのモントリオールにおいて、世界200ヵ国からの代表1万人が集まって京都議定書に基づく温暖化防止会議が開催される中、金融機関「Co-operative Bank」が発表した「倫理的消費傾向調査」年間報告によると、エネルギー節約型の家庭用品の売上げは23%増加し、環境への配慮により通勤手段を自家用車から公共交通機関に切り替えたという人は10%増加。また、家庭用の太陽エネルギー・システムや風力タービンなどの利用者は3倍以上増え、現在の売上げは2,300万ポンド(約46億円)にも及んでいるほか、エネルギー効率の優れた「環境にやさしい」住宅のローンに対する融資件数も約2倍になり、地球の温暖化防止のために一般家庭では平均140ポンド(約2万8,000円)が支出された計算になるとされています。さらに同調査では、政府が温暖化現象に対する取り組みにもっと専念すべきであると考える消費者が多いことも指摘しています。

3 エンターテイメント産業の規制緩和

カジノの大手のひとつ、ロンドン・クラブ・インターナショナルは、新規会員数において、15%増加したことが明らかになりました。同社によると、新規会員数の増加は、今年10月のエンターテイメント産業に対する規制の緩和、つまり24時間営業を可能とする制度の導入に大きく起因すると分析しています。この規制緩和により、様々なエンターテイメント産業の営業拡大が可能となりました。

4 東ヨーロッパ市場が魅力

西ヨーロッパのビジネスマンにとって、東ヨーロッパが最も重要な新規市場であることが明らかになりました。ヨーロッパの大手企業の販売、マーケティング、サプライチェーンのエグゼクティブへの調査の結果、対象者の66%が東ヨーロッパが“重要”な市場として位置づけていると回答しており、次いで中国の61%、インドの32%、ロシアの24%と続いています。アクセンチュリー・サプライチェーンマネージメント社のフェラー氏によると、“東ヨーロッパはコスト、フレキシビリティ、製品の利用のよさ、質の点で最もバランスがとれており、製造業やサプライヤーの優良なソースになるとみなしています。

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!