トピックス
No.395【そこまでやるか・・・徹底した歓迎】-2006.3.1
更に読む...
 
Home arrow リサーチレポート arrow 織り成す経営 arrow 織り成す経営~「経営理念」も「祈り」と同じ・・・第12号-2013.3.29
織り成す経営~「経営理念」も「祈り」と同じ・・・第12号-2013.3.29 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2013/03/29 Friday 12:47:36 JST

【織り成す経営~「経営理念」も「祈り」と同じ・・・第12号】

2月に宮崎で強化合宿を行った野球の侍JAPAN、三連覇はなりませんでしたが、大リーガー抜きで、4位となりました。
いろいろと見方はあるにせよ、日の丸を背負って活躍するスポーツが勝ち上がっていくと、周囲が盛り上がっていきます。スポーツは本当にいいですね

「日の丸」は大義の対象・・・

 先日ご紹介があって、白鳥哲監督の映画「祈り~サムシンググレートとの対話」を鑑賞しました。ニューヨーク・マンハッタン国際映画祭で、ベストグローバル・ドキュメンタリー・グランプリ受賞作品(※1)です。
「祈り」には凄い力があるということで、筑波大学名誉教授の村上和雄博士が「心と遺伝子研究会」を立ち上げ、心の動きが遺伝子に影響を与えることを確かめているそうです。

 考えてみると、日本では「お百度参り」という習慣がありました。自分の大切な人のために、ひたすら「祈る」という行為は尊いものです。
当映画の中でも他者のために「祈り」、、、そして快方に向かうという場面がありました。ロジックあるいは科学的に語らないといけない経営コンサルタントが申すのもなんですが、他者に対する「祈り」には本当に何かを変えるエネルギーがあるように感じます。

 ところで、大分県にある宇佐神宮は、神祇信仰と仏教が同居する「神仏習合」で有名な神社ですが、足を運んでみると、独特の雰囲気を持っています。
 実際、多くの中小企業の経営者の方は、「神仏習合」の強い信仰心を持っています。例えば、事務所には神棚があり、サカキと御幣を奉る。年始には厄払いをする。はたまた、四国のお遍路参りをしたり、「般若心経」を持つ持経とか、読む誦経(ずきょう)、書く写経をしたりというふうにです。
これはどういうことなのでしょう?

 斯く言う私も、あることを思い、平成25年元旦を機に、毎日、仕事を始める前に「般若心経」を誦経し、一日をスタートします。就寝前にも誦経を始めました。また、地元にいるときは、犬と散歩に行きますが、その際にもIPODに入れた5宗派の「般若心経」を聞きながら歩いています。そうすると、大変落ち着いた気持ちになるのです。
ちょっと話題が跳びますが、クリスマスに讃美歌を聞くときも同じです。私の場合は、キリストの讃美歌も入ってきますから、都合のいい「神仏キリスト習合」です。

 さて、読者の皆様は作家でペンネーム瀬戸内晴美さんという方をご存じでいらっしゃると思います。仏門でも高位で有名なお寺のご住職、瀬戸内寂聴さんのことです。
 この瀬戸内寂聴さんは、自著「寂聴 般若心経~生きるとは」(中公文庫)の中で、大変平易な文章で、親しみやすい解釈で説明しておられます。
例えば、こんなふうです。「キリスト教では、マリアが処女受胎でセックスなんかしないでキリストが生まれたことになっていますが、お釈迦さまはそうじゃない。夫婦が愛し合って生まれたんです。だから、お釈迦さまというのは、われわれと同じ人間、骨があって、内臓があって、身体がある。そして、ものも食べれば、トイレにも行く、そういうごくごく普通の人間です。」

 こんな解釈と説明・・・へ~っという感じがします。

 ところで、瀬戸内寂聴さんは般若心経がもたらす経の功徳について、この本の中で「自分の心を落ち着かせ、平常心をよみがえらせ、そこから物事の正しい判断を生む」というご利益があると説明をなさっています。
 私はこの解釈に触れたとき、言いえて妙と思いました。般若心経を誦経(ずきょう)し「祈る」のは、ある意味、手段なのですが、結局、自分の心を落ち着かせ、正しい判断と行動をしようとしているのでしょう。

 中小企業経営が扇のように広がっていくとき、扇の要にあるものは「経営理念」であり、それを朝礼や会議の前に読み合わせます。
 長く存続する企業の「経営理念」は他者である地域社会や顧客様、お取引先様や従業員の皆さんのことを考えるところから始まります。
「経営理念」も「祈り」と同じ・・・そう考えると、そのエネルギーがもたらす効果に合点がいきます。

 今、多くの方々が、東日本大震災から2年、、、復興に向かう被災者の方々のこと、50万人に一人の難病にも関わらず”生きよう”と思う少女のこと、さらには身近にいる他者のこと、苦楽を共にする従業員のこと・・・いろいろな思いを抱きながら、「祈り」を捧げて、具体的に行動しています。
他者のために動くことを「働く」と書きます。働くこともまた、「祈り」なのでしょうか。

 -----------------------------------------------------------
※簡単にチェックできるオリナス「事業承継チェックリスト」 pttp://www.orinas.co.jp/n-shoukei/index.html
※オリナス経営講演会 H25410日(水)
『相続・事業承継の切り札!誰でも使える民事信託!』
(宮崎市開催)http://orinas.co.jp/pdf/20130410

-------------------------------------------------------------
21世紀経営クラブ
経営コンサルティング 株式会社オリナス・谷口行利
Homepage  http://www.orinas.co.jp/

最終更新日 ( 2013/10/25 Friday 10:17:01 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!