トピックス
No.408【天国と地獄は紙一重】-2006.5.31
更に読む...
 
Home arrow リサーチレポート arrow 織り成す経営 arrow 織り成す経営~戦略的コストダウンと多様性ある組織風土 第11号-2012.12.28
織り成す経営~戦略的コストダウンと多様性ある組織風土 第11号-2012.12.28 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2012/12/28 Friday 11:34:55 JST

21世紀経営クラブ【織り成す経営~戦略的コストダウンと多様性ある組織風土 第11号】-2012.12.28

12月26日、日本では政治のリーダーが交代!少し前向きになる雰囲気を感じます!

 しかし、経営の基本は自力本願の経営・・・リスタートできるタイミングが年末年始、そして新年1月1日。1年の計は元旦にありです!

 経営のリーダーシップの下、全員参加で顧客様や市場の共感や支持を得ることに腐心し、キャッシュフローを産み出していきましょう。
 ところで、キャッシュフローの源泉である利益は、マーケティング・営業活動による利益と現場・マネジメントによる利益、調達による利益に分けられます。

 一方、現下の事業経営において、経営コスト増大の波が押し寄せてきています。改正労働関連法(例;高年齢雇用安定法、労働契約法)による総労働費用の硬直化と上昇、社会保険や労働保険の法定福利費の恒常的な負担上昇、想定外のエネルギーコスト上昇、それに加え、消費税増税でしょう。
2014年4月には8%(3%増)、2015年10月には10%(5%増)となります。価格転嫁ができなければ、調達コストや現場・マネジメントコストが確実に上がります。準備期間はあと1年6ケ月を切りました。

 そこで、今回は後者の2つの利益について、確実に利益を獲得するため、戦略的コストダウンについての視点を、 吉川英治氏の太閤記「奉公一心」での木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)の炭蒔奉行としての的確な判断基準と組織運営での実行力(リーダーシップ)から学びたいと思います。

 当時、織田信長が経営トップであった、清州城での一年間の薪炭の使用量は約千石の余を超えていたといいます。領内の伐木の面積だけでも、年々多大の量を灰にするので、その支出の金額ばかりでなく、藩政上も、信長はその節約を心掛けでいたようです。経営トップとしては当然のことでしょう。

ところで、約千石とは、現在価値ではいくらぐらいなのでしょう。1石1000合を現在価値で4万円と仮定すると、4千万円になります。
所謂、水道光熱費がそれだけかかるわけで、例えば、年商20~30億円の製造業経営をやっていたと考えれば、大変リアルに考えることができます。
消費税増税対策とそれに対する価格転嫁ができなければ、キャッシュフローに大きな影響が出てきます。

 そんな中、今までの炭蒔奉行であった”節約節約”を奨励し、用度購買を司っていた村井長門守が免役となり、木下藤吉郎が新炭蒔奉行に抜擢されます。

彼はどんな手を打ったのか?

「村井長門の節約ぶりでは、(経営トップの信長様は)お気に召さぬのだな」と判断し、驚くべき戦略対策を打ちます。
つまり、常に、”戦闘で命をなげうつ”武士達が、暖を取り、炭蒔を費やす閑な時間そのものにメスを入れ、”暇を与えず、武術訓練の時間を充実させていくのです。そして、その背景には経営トップである信長の温情主義があると断じます。
 今風で言えば、いろいろなしがらみに囚われている経営トップの判断を部門長が察し、本業が暇で時間生産性が上がらず、経費だけが使われている時に、戦略的に顧客様訪問活動や新事業創出や研修をきめ細かく行ったということになります。本コラムで申し上げたいのは、これが戦略的着眼であり、戦略的コストダウンというわけですね。
結局、前任部門長は、経費節減の目標額を目標管理していたわけです。かっこよく”見える化”していたかもしれません。しかし、そこで残るのは、創造性や思考を停止させる委縮した社風ではないでしょうか?
詳細は本をお読み頂くとして、我々も戦略的思考なり、戦略的コストダウンの重要性を、組織内に浸透させていく必要があるでしょう。

 現下の経営環境において、常に組織の、仕事の目的と手段の関係を踏まえ、経営に参画する一人ひとりが考えて行動する。異なるものが新しい発想をもたらすという視点を忘れず、多様性ある組織風土が必要になると思います。

 皆様にとって、来る年もよいお年でありますことを祈念しております。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※簡単にチェックできるオリナス「事業承継チェックリスト」
http://www.orinas.co.jp/n-shoukei/index.html
※株式会社オリナス設立12周年記念特別講演会のご案内
 金融円滑化法対応、事業引継ぎ&事業承継シリーズ
『建設産業様・ものづくり産業様向け!このままのやり方では立ちいかない』
(宮崎市開催)http://www.orinas.co.jp/pdf/20130202
------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------
21世紀経営クラブ
経営コンサルティング 株式会社オリナス・谷口行利
Homepage  http://www.orinas.co.jp/

最終更新日 ( 2013/01/09 Wednesday 11:55:00 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!