トピックス

No.388【2006年は勝負の年】-2006.1.11

更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.740~769 arrow No.746 ≪新しい時代がやってくる≫-2012.12.26
No.746 ≪新しい時代がやってくる≫-2012.12.26 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2012/12/26 Wednesday 11:04:17 JST

No.746 ≪新しい時代がやってくる≫-2012.12.26

 

社会の原理原則の中に「政治は経済に優先する」というのがあります。政治が変われば、経済も社会も変わるのです。2012年は世界中でリーダーを選択する1年でした。
中でも世界GDPの40%を占める上位3国(アメリカ、中国、日本)でリーダー選択があり、交代し、中国と日本では新政権が発足しました。
軍事力ランキング上位3国(アメリカ、ロシア、中国)でもすべての国でリーダー選択がありました。国連常任理事国(アメリカ・イギリス・中国・フランス・ロシア)ではイギリス以外はすべてリーダー選択があり、中国、ロシア、フランスでリーダーが交代しました。核保有国(アメリカ・イギリス・中国・ロシア・フランス・インド・パキスタン・北朝鮮・イスラエル)においては9か国中5カ国で新しいリーダーが選ばれています。

アジアにおいては、新年早々に北朝鮮で世襲三代目の金正恩体制が本格始動し、1月には台湾で国民党の馬英九総統が再選され、中国との関係は「一つの中国」を認めつつも統一せず・独立せず・現状維持で進むことが明確になりました。12月には韓国で史上初の女性大統領パク・ウネ大統領が誕生しました。

月別にみると、1月北朝鮮の金正恩総書記、台湾の馬英九氏総統再選、3月ロシアでプーチン大統領復帰、5月フランスで社会党のオランド大統領に交代、11月アメリカで民主党のオバマ大統領再選、11月中国で習近平国家主席就任、12月日本の解散総選挙で自民党の安倍総理誕生、同じく12月韓国でパク・ウネ大統領誕生。

BRICSのブラジルでは2014又は2018年まで初の女性大統領ルセフ大統領、ロシアでは2018又は2024年までプーチン大統領、中国では2021年まで習近平国家主席の長期政権が続きます。インドでは2004年からシン首相でこちらも安定しています。いずれの国もさまざまな工夫をして経済成長を中心に国力を強化すると考えられます。

このメンバーで2013年の世界が動いてゆきます。日本の安倍首相は、これら世界のリーダーの中で、日本の成長戦略エンジンを再起動させて、デフレを脱却しなければならないということです。21世紀における国際政治の国家パワーは経済力に裏打ちされた軍事力、軍事力に裏打ちされた外交力によって決まってきます。まずは経済成長を実現するためにはデフレを脱却し、成長路線に転換することが至上命題です。そのためには今の円高基調を円安基調にチェンジし、中小企業の活力を引き出し、雇用を増やし、実質所得を増やす方向で進むしかありません。

他国の新しいリーダーになった人も同様に国内の成長を実現しなければ、退陣せざるを得ない状況にあります。世界は時空を超えて多重多層にわたり緊密にリンクしており、鎖国的な政策は通用しなくなっています。これらの環境の中で、日本はまだまだ成長できることを一日も早く具体的に示すことでしょう。
政治は経済に優先します。私たち企業家は、将来の見通しを立てつつも、明るい未来を創造すべく行動しなければならないと思います。2013年が皆様にとって有意義で幸せな1年になりますようにフルサポートさせていただきます。

 

目加田博史

最終更新日 ( 2012/12/28 Friday 11:39:09 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!