トピックス
No.384【活気に湧くロンドン】-2005.12.7
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.710~739 arrow No.724 ≪会社の存在意義は明確か?≫-2012.7.25
No.724 ≪会社の存在意義は明確か?≫-2012.7.25 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2012/07/25 Wednesday 16:24:45 JST

No.724 ≪会社の存在意義は明確か?≫-2012.7.25

 

「あなたの会社がなかったら、誰が困るのですか?」「なぜ、困るのですか?」という質問に明確に答えられますか?創業のころは、若さと意欲だけを武器に、夢と希望に燃えて、かすかな可能性を絶対確実なニーズだと勘違いして、動いて動いて動きまわったことでしょう。
夢から覚めた現実は希望が悪夢に変わるように、絶対間違いがないと思っていたニーズははかない妄想にすぎなかったことに気づかされました。
しかし、それでも、あきらめずに、果敢にこれでもかこれでもかと挑戦しているうちに、次第にお客様の心に浸透してゆくようになり、少しづつ売り上げがあがって行きました。
次第に、お客様がお客様を呼んで、売上高も順調に推移してゆきます。いつもハラハラ、ドキドキの危機感の中で謙虚だった姿勢がそれなりの規模になると、知らず知らずのうちに自信が慢心に変わり、売上高が伸び悩み、ついには減ってゆきます。何が原因か分からないまま、社員に檄を飛ばし、会議でどなり上げ、朝礼で長演説をするようになります。
お客様が見えなくなってくるのです。その時に、「あなたの会社がなかったら、一体誰が困るのですか? まさか、社長や社員じゃないでしょうね。」何を持って世の中で仕事をさせていただいているのか、その仕事はどなたにどのようにお役に立っているのか、なぜ、お役に立っていると思えるのかを自問自答しないと、あっという間に足元から崩れてゆきます。

世界にたった一つしかない会社やビジネスなんて、そんなに沢山あるものではありません。多かれ少なかれ、すべてのビジネスは似たり寄ったりのものです。その中で、お客様の心をぐっととらえて離さない商品やサービスを提供する会社に育てておかねばなりません。
すべての人にこたえることは不可能ですから、自分たちの求めるお客様が喜んでいただける商品やサービスを提供できていなければ、存在価値はありません。
それも、会社を存続発展させることができるだけのお客様に喜んでいただかねばなりません。お客様と接する第一線で会社は評価され、お客様を喜ばせもし、クレームにもなります。存在意義を明確に記述できるかどうか、やってみてください。

目加田博史

最終更新日 ( 2012/07/25 Wednesday 16:26:02 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418