トピックス

No.397【「おもてなし」が会社を伸ばす】-2006.3.15

更に読む...
 
Home arrow リサーチレポート arrow 織り成す経営 arrow 織り成す経営~ヴィーサスの法則を取り入れよう-2011.11.25
織り成す経営~ヴィーサスの法則を取り入れよう-2011.11.25 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2011/11/25 Friday 12:12:40 JST

【織り成す経営~ヴィーサスの法則を取り入れよう】-2011.11.25

第7号 「商品の熱い思いが広がる中小企業者と消費者のネットワーク」

 第6回で、農事組合法人と中小企業者の農商工連携マッチングのお話を致しましたが、その後も、Hさんを核にしたこの出逢いには、扇のような事業の広がりが出ています。

 第6回で、農事組合法人と中小企業者の農商工連携マッチングのお話を致しましたが、その後も、Hさんを核にしたこの出逢いには、扇のような事業の広がりが出ています。

 農事組合法人を経営するHさんたちの生産する大麦は、香ばしい香りが特長。それに目をつけた宮崎の地ビールメーカーが連携を申し出、宮崎ビールの新作として発表し、好評を得ています。
 また、かねてから宮崎県にしかない大麦の原種ミヤザキハダカの生産委託をHさんたちにしていた麦一本の焼酎メーカーが醸造した大麦焼酎も、事業化の体制が整い、さらに好評。
 さらには、農事組合法人が経営する直売所も、この冬から酒類販売免許も取得できました。もともと、坪売上約200万円を誇る直売所の売場の新たな起爆剤になるでしょう。

 そして、前回のHさんの小麦粉や米粉でSさんと連携した米粉麺や特殊麺、生パスタもいよいよ陽の目を見ます。まずは、生パスタに注目した県内でも代表的なスペシャリ ティストアで定番展開できることになったのです。

 スペシャリティストアからしても、単なるナショナルブランドだけの商品構成では消費者を満足させられない時代であることは百も承知。
そこで、この10年来・・・売場を楽しい買場に変え、惣菜や日配品等を筆頭にフードコーディネートやこだわりの商品を発掘し、ツィッターやフェイスブックで積極的に発信しています。
 この動きにさらに勢いを増しているのは、生産者と消費者を結ぶ担い手としての行動であり、消費者が求める商品を創るプロデュース機能の発揮です。

 今、人と人の現実・現場・現品視点でのコミュニケーションを、インターネットで支援するソーシャルネットワーク(SNS)が、特に、B2Cの現場で流行定着しています。ミクシーやフェイスブック、ツイッターといったものが代表例です。

 これまで、消費者の購買心理プロセスは、「A;注意・注目」→「I;興味」→「D;欲求」→「M;記憶・決定」→「A;行動・購入」に至るアイドマの法則で説明されていました。
 ところが、そこに、ソーシャルネットワークの発展から、企業(売り手)と消費者(買い手)の購買心理プロセスでの新しい関係を”認知”⇒”感動”⇒”行動”で説明するヴィーサスの法則の登場です。

 ヴィーサスの法則は具体的には5つのプロセスに分かれています。
「V(Viral);口コミ」→「I(Influence);影響」→「S(Sympathy);共感」→ 「A(Action);行動・購買」→「S(Share);共有」

 このスペシャリティストアの例をみても、「私たちはこんな商品を生産者の方と作りたいと思います」とか、「お店には○○な商品はないんですか?」といったツイッターでの呟きから、口コミの意見が発生し、いろいろな視点で影響が高まり、そこに同調する消費者の思いが渦を起こし、行動につながります。
そして、ひいては消費者の(私が)選んだ商品という自負や共感までついてきます。

 「こんな○○で買ったあの商品はおいていないのか?」という呟きに、「私も、欲しい。ぜひ、バイヤーさん入れて下さい」と連鎖し、バイヤーさんが「じゃあ、頑張って、メーカーさんに交渉してみます。応援して下さい」

「わかりました。頑張ってね!」とバイヤーへの共感が生まれ、バイヤーさんから「なんとか500限定で入荷します」と回答すると、「あっ、絶対買いに行きます」とか、「私も」、「まとめて買ってもいいですか?」と投稿。
そんな商品を知らない消費者にまで広がり・・・完売。

 まさに、類は友を呼ぶ・・・地方においても、ソーシャルビジネスネットワークが新商品や新事業を創造する善循環サイクルを生み出す重要な手段になっています。

 不透明な時代に経営に必要なものは「仕掛け」と「仕組み」でしょう。

その最たるものが、マーケットに対する「仕掛け」・・・売る側の一方通行や片思いではまったく売れない時代に突入しています。
 今、まさに、生産者や中小企業者には、消費者・顧客様との間で、”認知”⇒”感動”⇒”行動”の善循環システムをどう構築するか、が求められています。

 

21世紀経営クラブ 株式会社オリナス    谷口行利
Homepage http://www.orinas.co.jp/
E-mail;  

最終更新日 ( 2012/01/10 Tuesday 10:50:37 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!