トピックス
No.390【人は能力が及ばなくなると「逃げる」「言い訳」をする】-2005.1.25
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.650~679 arrow No.654 ≪さまざまな教訓≫-2011.3.23
No.654 ≪さまざまな教訓≫-2011.3.23 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2011/03/23 Wednesday 12:01:39 JST

No.654 ≪さまざまな教訓≫-2011.3.23

3.11東北関東大地震(地震の名前が流動的で、さまざまな表現がありますが、一番多いと思われる表現にしています)で、9日ぶりに救出された孫と祖母のお二人に感謝したいと思います。その映像はとても感動的で、思わず拍手し、涙した方も多かったのではないでしょうか。テレビは地震ニュース一色で、出てくる内容はとても暗く、恐ろしくひどい、大変に悲惨なものが多いなかで、家族を思い、大事な人を助けたい、守りたい一心であらゆる困難な環境にじっと耐えて、救助されることだけ信じて行動する事が恐怖に打ち勝ち、最後に幸福の女神が訪れることが非常にわかりやすい形で伝わってきました。決してあきらめない心があれば人間の生命力の強さは奇跡を起こすのだと思います。取り巻く環境や困難の内容は異なりますが、チリの落盤事故で700メートル地下の暗黒世界から生還した33人の方々の映像と重なり素晴らしいと思いました。
今回の地震と津波で発生した原子力発電所の事故はエネルギーに対する21世紀に生きる私たちにさまざまな問題を提起してくれました。自然との共生に共感しながらも、必要以上に便利で快適な電気依存の生活環境にあります。予定していた計画停電も実施しなくてよいぐらい無駄な使い方をしていたことも実感できました。注文した翌日には荷物が届く世界最高レベルの物流網の整備、1分と遅れることのない都市交通網、情報が瞬時に伝達されるITネットワーク。これらの高度に発達した都市生活は電気・液化エネルギー・水処理抜きでは考えられません。だからライフラインと称されるのでしょう。自然の破壊力は人智を超えた強大なエネルギーで、ライフラインを始めインフラ全てをゼロクリアしてしまいます。
高度に便利・快適・安価・安全・自由な環境をすでに経験している私たちが、自然の猛威から身を守るためとはいえ不便・不快・高価・危険・抑圧の環境を選択するとは思えません。
さらにさらに高度な便利・快適・安価・安全・自由を追求してゆくと思います。いつ来るかわからない宅配便。時間通り来ない都市交通。いつ起きるともわからない停電。電話やインターネットは予約制。完全にコントロールされた情報発信。考えただけでも恐ろしいと思います。

今回の教訓を生かして、いままで以上に自然と共生し、地域互助ネットワークを整備し、より安全で安心なテクノロジーを開発し、前に、前に進むことでしょう。
私たち経済活動を担っているものは、被災された方々を支援するためにも、いままで以上に真剣に、一所懸命に取り組み、目標を達成する事が大事だと思います。
ややもすれば怠慢に走り、安易な選択をしていた意志の弱さを克服するチャンスと言えます。

No.654  さまざまな教訓-2011.3.23.pdf

目加田博史

最終更新日 ( 2011/10/06 Thursday 10:48:57 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418