トピックス
No.382【会社の宝は智恵巧者】-2005.11.23
更に読む...
 
Home arrow 経営に役立つISOシリーズ arrow 89号-ISOの統合システムの運用が定着する方法-
89号-ISOの統合システムの運用が定着する方法- プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2010/11/12 Friday 10:01:09 JST
89号-ISOの統合システムの運用が定着する方法-

 

建設業A社は、ISO9001の認証取得以来、運用に6年間取り組んできました。そして今回の新しい経営審査事項の評価方法の変更をきっかけに、ISO14001に取り組みISO9001ISO14001の統合審査を受けています。

    員:
全部門の審査が終わりましたが、ISO90016年間取り組んで来られた成果が出てきていますね。各部門とも良く理解して取り行くんでおられます。管理責任者としても手ごたえがあるのではないでしょうか?

管理責任者:
そうですね。各部門の責任者も今まで良く勉強してきましたらから、その成果が出ているのだと思います。

    員:
ISO14001はまだ取り組み始めて間もないこともあるのでしょうが、今後さらに勉強して取り組んで頂きたいと思います。ISO9001の方は皆さん自信を持って対応して頂いていていますが、ISO14001となると少し心もとない・・・。

管理責任者:
そうですね。ISO9001は取り組んでいる時間が長いということもありますが、従来から当社で進めている「経営計画書」にも連動しており、話し合う機会も多いので、全社員に浸透しているのだと思います。

    員:
確かに、御社のISO9001は「経営計画書」によって推進していると言ってもよい形ですね。だとすれば、何故ISO14001も「経営計画書」によって推進しないのですか?そうしないとISO14001は御社の負担になっていくと思いますよ。

管理責任者:
どういうことでしょうか?

    員:
ISO9001が上手く運用できているのは「経営計画書」を中心に運用することで御社の経営と一体化することが出来ているからです。言い方を変えるとISO9001の活動をすることは経営活動そのものであるので、社長も「必ずやれ」と号令をかけられていますし、社員もそれに応えています。しかし、ISO14001はそうではありませんから、経営活動とISO14001は「別物」になっています。
そうすると、社員はわざわざ面倒な活動をするのは負担と考えるようになってしまいます。

管理責任者:
ISO14001は「環境負荷を下げる」とか「汚染の予防」という話ですから、経営とは別物と考えていましたので、切り離して考えていたのですが・・・。環境も経営と関連付けて考えていく必要があるのですね。

    員:
おっしゃる通りです。「クーラーや照明の節電」の活動などは無駄ではないですが、御社にとってあまり経営に影響を与える活動ではないですね。それよりも、将来的には、エコ住宅によって他社との差別化を図ることで「受注棟数を増やす」ことや「省エネ提案を増やす」ことなどの御社にとって魅力のある活動を展開することを是非考えて頂きたいと思います。

管理責任者:
分かりました。そのためには、先ずISO14001と「経営計画書」とを連動させていくことですね。

ISO9001を運用している企業がISO14001の取り組みをスタートさせる事例が最近増えてきていますが、ISO14001を運用したとたんに、ISOの運用が上手くいかなくなってしまう事例が見られます。今回はSO9001ISO14001の運用を上手く行う方法を検討します。

≪ご提案1 「経営計画書」によってISO運用を強力に進めましょう≫
ISO9001を「経営計画書」によって運用することにとどまらず、ISO14001を経営計画書によって運用しましょう。目的・目標の設定及び実施状況の管理や著しい環境側面に関連する運用管理のチェックなどの実施項目は、「経営計画書」の中においてスケジュール管理することで、経営活動との一体化が図れますし、ISO9001ISO14001との連動が進みます。

≪ご提案2 環境の目的・目標も経営上必要性の高い項目を設定しましょう≫
ISO9001は経営活動の一環だけれど、ISO14001は別物」という意識を社内から一層できるか否かは、ISO14001の目的・目標を形式的なものにするか、経営上重要なテーマを設定するかにかかっています。社長及び管理責任者は、「電気」、「ゴミ」の取り組みに終わらずに「コストダウン」や「生産性向上」に大きく貢献するテーマに踏み込みましょう。

まとめ
ISO9001に加えて、ISO14001を社内に導入し「経営に役立つ」ツールにするためには、工夫が必要です。経営とのかい離をなくすために「経営計画書」を中心に運用を強化しましょう。

 

                                       以上

11月経営に役立つISOシリーズ 89号.pdf

最終更新日 ( 2011/10/25 Tuesday 13:24:08 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!