トピックス
No.387【今年の出来事】-2005.12.28
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.590~619 arrow No.612 ≪ビジネスは見かけで判断しては儲からない≫-2010.6.3
No.612 ≪ビジネスは見かけで判断しては儲からない≫-2010.6.3 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2010/06/03 Thursday 10:40:50 JST
No.612 ≪ビジネスは見かけで判断しては儲からない≫-2010.6.3

 

皆さんが歯医者さんに行くとしたら、A「患者様が待合室にたくさんいて、予約時間より多少待たされるけれど、いかにも繁盛している歯医者さん」にゆくか、それとも、B「患者様が待合室に一人もいないけれど、予約時間通りに治療を受けられるひまそうな歯医者さん」にゆくか。正解は、もちろんBである。Bの方が儲かっているから、人材面や設備面の投資が格段に進んでいるからである。医師のセミナーは通常百万単位である。医院を休診してスキルセミナーを受けるためには利益を上げていないと不可能だ。
繁盛していることと混乱していることは違う。歯医医院というビジネスは一般的には予約制をとっている。予約制をとっているということは、予約時間通りに治療しますという約束を患者様と交わしているのだから、待たせること自体がおかしい。前回の治療時に今回の治療内容が確定し、それに応じた予約が完了しているのであるから、準備時間は十分にある。
にもかかわらず、予約時間通りに治療室に案内されないということは、システム上の欠陥があると考えて間違いない。時間通りにゆかない可能性として考えられるのは、すぐに治療しなければ命にかかわるとんでもない新規の急患が立て続けに来られた場合である。しかし、歯科は基本的には命に別条がない方が来られるクリニックである。だから、これもあり得ない。ということは、前日に事前にできる段取りができない医院ということになる。

だから、治療時間がどんどんとくいこんでゆき、カルテが会計に回るのが遅くなり、待合室が混雑するのである。治療待ち、会計待ちの両方の患者様があふれてしまうのである。すると、患者様は、予約通りに行っても待たされるだけだから、待たされる時間の余裕を見てこられる。すると、今度は患者様の来院待ちが発生する。
そのようなところが利益を出せるか、社員教育ができるか、患者様への提案ができるか、十分な治療内容の説明ができるか、最新鋭の設備を導入できるか。
いずれもNOである。予約通りの時間に治療室に案内される歯科医院は段取りがよい。スタッフの人間性もスキルも高い。だから、患者様のクリニックに対するロイヤリティも高い。じっくりと時間をかけて患者様の悩みにつきあえる。それも前回の予約段階で想定しているから可能なのだ。ビジネスは不思議なもので、混んでいるから儲かっている。閑そうだから儲かっていないとは限らない。忙しいことと混乱していることを同一視していないだろうか。

No.612  ビジネスは見かけで判断しては儲からない-2010.6.3.pdf

最終更新日 ( 2011/09/29 Thursday 11:39:14 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!