トピックス
No.408【天国と地獄は紙一重】-2006.5.31
更に読む...
 
Home arrow 経営に役立つISOシリーズ arrow 79号-内部監査の着眼点 製造部編-
79号-内部監査の着眼点 製造部編- プリント メール
ユーザ評価: / 4
悪い良い 
2010/01/15 Friday 10:07:08 JST
79号-内部監査の着眼点 製造部編-

 

製造業A社の初めての更新審査の場面で、管理責任者と内部監査員がインタビューを受けています。
審 査 員:
それでは、内部監査についてお聞きします。3年間の内部監査の結果をお聞きして、どれくらい内部監査が充実してきたか確認したいと思います。皆様の内部監査規定では年1回、内部監査を実施する手順となっていますので一昨年、昨年、今年の3回の内部監査が実施されていると思います。
記録を見せて頂けますか?
内部監査員:
これが内部監査報告書です。
審 査 員:
一昨年に製造部で不適合が1件、そのあとは2年間不適合が出ていませんね。不適合以外の改善事項はあったのですか?
内部監査員:
それも書いてありませんから、なかったということだと思います。
審 査 員:
わざわざ、社員の時間という経営資源を投入して、改善につながっていないというのはもったいないことだと思います。内部監査はどのように行っているのですか?
内部監査員:
製造部の内部監査の場合ですと、製造部の部長、課長と内部監査員2人がこの会議室に集まり、監査を行っています。
審 査 員:
書類上での監査を行っているのですね。各現場での監査は実施していますか?
管理責任者:
現場での内部監査はやったことがありません。ISOは記録の確認をしていけば、規定通り実施できているか確認できると思います。内部監査に対してそんなに時間を取れるものではないですから、会議室で内部監査を実施しています。
審 査 員:
内部監査の結果を報告書で見せて頂くと、規定された記録はしっかり記録されており、不適合は出ていませんね。皆様がこれから考えなければならないのは、決めたことを守られているか確認することよりも、手順が今のままで良いのか、という観点で内部監査をする事だと思います。もっと効率的に、効果的な、ミスの発生しない仕事ができる方法はないのか、という内部監査です。これを有効性の監査といいます。この監査は会議室で「もっと良い方法はないですか?」という質問を投げかけてもできません。
現場に行って、現場で行われている事を見て、具体的に進める内部監査を是非行って下さい。そのためには、内部監査のチェックリストは書類審査のためのものとは少し変えていく必要があるかも知れませんね。
管理責任者:
次回の内部監査では、現場での内部監査を計画したいと思います。
内部監査員:
そのために、内部監査チェクリストの見直しを行います。
ISO導入当初は、規格や文書に対して不慣れなことから、審査機関の審査に耐えられる状態にあるかを確認するための内部監査がどうしても必要になります。そのために、規定通り記録が実施されているか、等の書類中心の内部監査を実施してきた事でしょう。しかし、そのような内部監査では、おそらく1回目の更新審査を迎えるころにはほとんど不適合を検出することはなくなるはずです。ここが内部監査マンネリの壁でこれを乗り越えないとISOの本当の活用につながりません。今回は内部監査のマンネリを乗り越える方法について製造部門で検討します。
ご提案1 内部監査は現場監査に切り替えましょう
内部監査の不適合がゼロになった時点で、内部監査は現場で行う監査に切り替えることを提案します。実際動いている現場で監査を行うことで、会議室での監査とは全く違った事実が見えてくるはずです。
ご提案 内部監査は実践的な内容に変えていきましょう
 製造部で内部監査する時には、次のポイントを考慮して内部監査を実施することを提案します。
7.1製品実現の計画
多くの企業でQC工程図や作業標準を作成しており、これが製造のシステムの柱になりますが、現場の実態とかい離していることが多く見受けられます。QC工程図や作業標準を基に、現場を見ていきましょう。
7.5製造及びサービス提供
作業標準通りに実施されているかを各部門で確認していくと、ISO規格の関連する項目が確認できます。確認の漏れがないようにチェックリストとして整理し準備しましょう。
・正しい設備が使用されているか(6.3)
・製品の品質上整備の必要な作業環境が維持されているか(6.4)
・監視機器が決められた製造条件で使用されているか(7.6)
・不良などの問題が発生した時の処理は適切に行われているか(8.3)
・監視・測定項目として規定された項目についてどのような特性が出ているか(8.2.3) 等々

                                                                         以上

1月 経営に役立つISOシリーズ 79号.pdf

最終更新日 ( 2011/10/25 Tuesday 13:02:31 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!