トピックス
No.385【ラーメン店に学ぶ「貧すれば鈍す」】-2005.12.14
更に読む...
 
Home arrow リサーチレポート arrow 地方中小企業再生! arrow 地方中小企業再生!≪第15号≫~あなたの会社の経営力は大丈夫ですか?
地方中小企業再生!≪第15号≫~あなたの会社の経営力は大丈夫ですか? プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2009/09/25 Friday 10:51:36 JST
地方中小企業再生!≪第15号≫~あなたの会社の経営力は大丈夫ですか?

 

前回迄のあらすじ;
最終的な経営体制を含めた合意形成の会議を翌日夕方に控え、その草案づくりのため、池瑠社長と後継者の池瑠課長、経営コンサルタント谷氏が協議している。経営者の責任の後、スムースに経営者の交替と経営の承継を行うために・・・。


中小企業の企業承継では「経営の承継」、「経営者交替」は重要ポイント。ここで人心を掌握できるかが決まる!

(経営コンサルタント 谷氏)
じゃあ、時間がありませんので、次の経営の承継、組織の件を協議しましょう。
これまでの経緯から、金融機関への「経営責任」としては、池瑠社長が、会社の遊休不動産や個人所有の不動産を任意売却で処分し、借入金の返済に充当されるとともに、代表取締役社長から取締役会長に退かれる。一方、池瑠幸一課長が、代表取締役社長に就任するという案でよろしいですか?

(経営者 池溜氏)
結構です。異論はありません。

(中堅幹部・後継者 池溜幸一課長)
会社と私の人生が一蓮托生になる責任の重さは覚悟しています。

(経営コンサルタント 谷氏)
報酬についても決めておきましょう。

(経営者 池溜氏)
谷先生、これまでは二人の月額報酬は合計160万円です。内訳は私が120万円、幸一が40万円でした。金融機関の皆さんへのケジメとして、今後は、50%カットの80万円にしたい。私見では、私は年金が出ますし、月額20万円で、幸一社長は月額60万円でと考えますが、如何でしょうか?

(経営コンサルタント 谷氏)
 池瑠課長は如何です?

(中堅幹部・後継者 池溜幸一課長)

プロジェクトの役員報酬からみると総額はそうなると思います。でも、池瑠社長がそこまで言われるとは・・・。池瑠社長は、本当にそれでよろしいのですか?

(経営者 池溜氏)
もちろんだ。君が社長になって、今後の会社の信用の裏付けにならないといけない。再生期間が過ぎれば、新しい取締役会でしっかりとした報酬体系を決めればいい。

(経営コンサルタント 谷氏)
ではこれで参りましょう。今回の再生計画の流れから言えば、問題ないと思われます。では、次の重要なポイントは、新しい経営体制です。池瑠幸一新社長がやりやすい体制を作る必要がありますね。
特に、池溜幸一新社長の幹部を支えるのは、村田店長、山野店長、尾島店長、串間店長のようですが、池溜社長を支えた古参の幹部である川取締役、藤取締役、武取締役、其池部長の処遇は慎重にしなければなりませんね。

(経営者 池溜氏)
そうなんですよ。まだまだ、会社として積み残したことも多いし、古参の幹部諸君も小売・サービス業として、顧客や仕入れ先をしっかりと押さえているし、うまくやれば、池瑠新社長の戦力になるに違いない。ただ、其池部長は年齢的なものもあるし、私が第一線を退くときは退職したいと言ってきました。また、新規事業の責任者だった武取締役は、我が社の衛星放送とe-ラーニング事業の受験予備校を独立して受け継ぎたいと言っています。そうだったな、幸一課長。

(中堅幹部・後継者 池溜幸一課長)
そうですね。プロジェクトの説明をしていく 過程で、藤取締役と一緒に、衛星放送とe-ラーニング事業の受験予備校を大きくしたいと、個人的に相談を受けました。本部に、非公式打診をしましたが、武取締役と藤取締役ならばまったく問題ないようです。二人が設立する会社に、事業譲渡し、株式会社イケルは家賃を頂く。新しいパートナーシップです。谷先生、如何ですか?

(経営コンサルタント 谷氏)
本部がOKならば、問題ありません。財務DD評価時で、加盟金が3,000千円の評価でしたね。確かに、気心の知れた仲間が、独立して新事業に取り組む。新たな連携の輪が広がるかもしれませんよ。

(経営者 池溜氏)
すると、残るのは川取締役・・・彼は最年長だし、取引先の信任も厚いし、古い顧客も良く知っている。池瑠新社長を支えてくれるだろう。其池部長も、嘱託で引き継ぎをしてもらえばいい。村田店長、山野店長、尾島店長、串間店長をどう処遇する?

(中堅幹部・後継者 池溜幸一課長)
私の足らない部分が山ほどあります。川取締役に常務として私を補佐して頂きたい。併せて、村田店長は数字にも明るいし、リーダーシップもあるので営業統括の取締役として登用し、マーケティングとマネジメントにあたらせたいと思います。そして、山野店長は部長級で、年商5億円の本店をマネジメントしてもらい、尾島店長、串間店長は課長級で、これまでの方針通り、各店3億円を目指す基盤づくりに取り組んでもらいたいと思います。
経理体制は、其池部長が退職後も、嘱託顧問で如何ですか?自分がしっかりマネジメントしなければなりませんが、会長もおられるので安心です。受け皿として、若手の営業業務の責任者をやってきた頭の切れる山田係長を課長に登用して、総務経理と営業業務を統括する管理部門を統括させたい。
今まで不十分だったPOSデータや顧客様毎の買上履歴やフリークエントプログラムも、村田新取締役や店長が常に活用できるようにしていきたいと思います。

(経営者 池溜氏)
なるほど、いい案だ。それでいこうじゃないか!
そして、私は向こう5年間の再生計画中に、所有する自社株を池瑠新社長に譲渡していく。このプランで行きたいと思いますが、谷先生?

(経営コンサルタント 谷氏)
そうですね。後はTAXプランがうまく運ぶよう、顧問税理士の先生とお進め下さい。じゃあ、重要な経営体制が固まったところで、 明日の夕方の会議前に、再度、ご本人達に話を済ませておいて下さい。

(経営者 池溜氏)
了解しました。幸一新社長一緒に話をしましょう。

(中堅幹部・後継者 池溜幸一課長)
もちろんです!(続く)

【まとめ】再生計画策定時に、できれば、企業の承継も可能な限り、押さえていく
1.
債権者からみた経営責任のための経営者の首のすげ替えだけでは、企業の再生がおぼつかない。経営の承継のために、しっかりとした経営者交替がポイント。
2.
中小企業の場合には、古参の幹部をどう処遇するか、も重要なポイント。また、“リストラ”で、“トラ”(他で通用するやる気のある人材)が去り、と“リス”(他で通用しない人材)ばかりが残ると会社は危うい。人心掌握に最大の神経を払うことだ。

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!