トピックス
No.389【ワクワク・ウキウキ・向上ノウハウ】-2005.1.18
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0530~0559 arrow No.553 ≪新しい時代がやってくる≫-2009.4.1
No.553 ≪新しい時代がやってくる≫-2009.4.1 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2009/04/01 Wednesday 14:36:41 JST
No.553 ≪新しい時代がやってくる≫-2009.4.1

 

今日から、「不易流行」はmagmagでお届けすることになりました。これからもよろしくお願いします。

この原稿を書いているのが3月31日の午前なので、日経平均の終値がどうなるかはわからないが、与謝野大臣が「3月危機は起こさない」と宣言している以上、8000円を割り込むことはないと確信しています。経済危機が起きるといつも3月危機対策が取られ、問題の本質が先送りされてしまうので、体質転換ができないのが日本企業の現状だといえる。

4月1日以降は企業の責任で対処しなければならないので、いつも4-6月は嵐になる。特に今年は選挙の年なので7-9月もわからない。しかも、グローバル経済は進展しており、危険なウイルスは全世界を感染させつつ進行しているのだから、厄介である。まさに、新しい時代がやってくるのだ。ある意味で昨日までが20世紀の名残で、今日からが本当の21世紀が始まるといっても過言ではない。

21世紀の本質は「買い手より売り手が多いデフレ経済」である以上、企業の取るべき対策は「自力本願の経営」である。すべての現象と要因を「原因自分論」でとらえて、会社の中に埋め込まれている解決策を発見し、吟味して、実行する。今までのやり方を「現状否定」し、時代に合ったやり方に思い切って変更する。構造改革、機能改革、意識改革、経営改革というと勇ましいが、なんのことはない、いままでの日常習慣をさらに良い日常習慣に入れ替えるのである。
具体的には、①朝型のリズムをつくる②足るを知るほどほどの経営 ③無駄の徹底排除 ④新しい収入源づくり ⑤信頼関係の再構築の5つである。 
朝は日の出とともに早起きして、7:00には会社が動き出し、夕方の5時には皆が家に帰っている状態をつくる。朝の1時間は午後の2時間と同じ生産性が上がる。
朝は後の仕事がつかえているので時間内に処理しないと大変なので無意識にスピードが上がるのである。会議も朝行うことによって、スピーディで充実した時間の中に結論を導くことができる。夜の会議は生産性が極端に悪いのと精神衛生上最悪である。
また、朝は目覚めることができた奇跡、つまり生きていることに感謝できるのだ。2番目の足るを知る経営とは、勝ちすぎない、もうけすぎない、やりすぎない腹七分目で善しとするほどほどの経営を行う。日本人の悪い癖で、資源を根絶やしにしてしまう習性を持っている。やりすぎるのである。もうけすぎるとどんどん使うことをせずにため込んでしまうから、人から恨まれる。儲ければそれ以上に社会に還元すればよいのだ。次は、無駄の徹底排除。食べ物は捨てるところがないように、すべて使い切ればごみは出ない。人もリストラするほど採用しなければよいのに雇いすぎて捨てざるを得ない。
雇ったのは会社の責任なので、その個性を生かしきる経営をする。給料もええかっこして上げすぎない。肥料をやりすぎた植物が枯れるように、高すぎる給料はろくでもない結果しか招かない。過ぎたるは及ばざるがごとしである。会社経営の基本が整えば、次は新しい収入源をつくることに力を入れる。
足元に転がっているごみも磨いて化粧すれば店で売れるものがたくさんある。
明いているスペースを活用して新しいお客様を創造する。TPM式の5Sの層別管理を徹底して、必要なものしか手元に置かないことで、時間が節約され、資源が節約され、利益が創造される。
仕上げは信頼関係の再構築である。人間は認められ、尊敬され、大切にされれば最高にうれしい動物だ。そのうえで褒められ、叱られ、注意されれば素直になることができる。
認められていないのに表面的に御世辞を言われたり、尊敬していないのに非難したり、
大切にしていないのに慇懃無礼に扱われれば孫子三代にわたって憎悪の対象になったりしかねない。

これから始まる新しい時代には新しい気持ちで原点に戻って基本に忠実に取り組んでゆこうではないか。

No.553  新しい時代がやってくる-2009.4.1.pdf

最終更新日 ( 2011/09/22 Thursday 11:27:59 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!