トピックス
No.406【会社は危険がいっぱい】-2006.5.17
更に読む...
 
Home arrow リサーチレポート arrow 地方中小企業再生! arrow 地方中小企業再生!≪第08号≫~あなたの会社の経営力は大丈夫ですか?
地方中小企業再生!≪第08号≫~あなたの会社の経営力は大丈夫ですか? プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2009/02/27 Friday 10:40:50 JST
地方中小企業再生!≪第8号≫~あなたの会社の経営力は大丈夫ですか?

 

前回迄のあらすじ;株式会社イケルは経営コンサルタントを招聘して、緊急取締役会を開催した。その場で、財務DD(資産の再評価)により約1億円程度の純資産のマイナス予想が出され、緊急取締役会の意思統一の下に、再生計画を策定することが決議された。
金融機関が再生計画を合意してくれるか、非常に重要な3ケ月間を迎えた


(経営コンサルタント 谷氏)
皆さん、今日は!先日、再生計画の方向性について確認をしました。
其池(それいけ)部長、今期までの累計の欠損金の見通しが1億円近くでしたね?

(経理部長 其池(それいけ)氏)
大筋はそのとおりです。中小企業再生支援協議会から紹介を受けた公認会計士に、財務DDを受け、その結果について、報告書が参りました。
また、その流れで、会社所有の不動産について、不動産鑑定士の評価を受け、正常価格と特定価格も明記した不動産鑑定書の提出も受けています。

(経営者 池溜氏)
谷先生、こちらが、財務DD報告書と不動産鑑定書で、先生用に複写しています。
それから、私の個人不動産を任意売却するケジメをつけるかもしれないといわれていたので、先祖代々受け継いだ県外の実家と今、私たちが居住している本宅も不動産鑑定を受けています。

(経営コンサルタント 谷氏)
そうですか!それは良かった。効率的に進められますね。それでは、川取締役、藤取締役、武取締役に伺いますが、事業DD分析の方は如何でしたか?
部門別、商品別、顧客別等の分析、仕入・在庫等の分析、広告・販促費等の分析、担当者別の生産性分析等について触れて下さい。

(川取締役)
では3人を代表して、ご報告します。3人の机上段階の分析ですので、まだ、現場に詰めていくことで深めていけますが、部門別では、池溜社長の肝いりで出店したコンセプトショップが毎月2,000千円の赤字で本社費を吸収できていません。年間で24,000千円の赤字を出しています。
商品別をABC分析でみましたら、よく言えば、ロングテール現象。悪く言えば、どこにも特長のない売れ方です。また、仕入・在庫等の分析をみた時に、商品が専門品という特性から、年間の商品回転率を4回転とした時に、荒利益率をかけた交差比率が100を超える商品群が一つしかありません。完全に投下資金が寝ている状況ですね。さらに、バーコード単品管理から言って、90日以上の滞留在庫が下代で20,000千円あります。
広告・販促費等の分析も新聞とTVのマス広告が中心です。顧客別等の分析をみると、ここ3年で、年間4回転近く買い物を頂いているVIP顧客様が毎年ダウンし、4年前に30%を数えたのが、現在では10%になっています。売掛金に関しては、あまり不安はありません。また、担当者別の生産性分析等についても月平均の売上で3,000千円販売しているスタッフは4人で、全体の20名中の販売スタッフのうち20%です。
以上のことを踏まえ、谷先生がおっしゃるように、仮に赤字店をスクラップし、“選択と集中”をした場合、3人の分析では、向こう5年間のキャッシュフローの平均は9,000千円となります。

(経営コンサルタント 谷氏)
なるほど。いろんなことが見えてきましたね。では、ここで私も財務DD報告書と不動産鑑定書を拝見します。ちょっと1時間ほどお時間を下さい。皆さんも、それぞれの部門の確認と検証をお願いします。~1時間のセルフプランニングタイム~

経営コンサルタント 谷氏)
お待たせしました。では始めましょう。財務DDと不動産鑑定書、そして事業DDでご報告頂いたことも踏まえて、ホワイトボードに要点を整理してみましょう。
なお、建物と土地の不動産価格は厳しい時代であることを踏まえ、“正常価格”ではなく、競売で利用される“特定価格”を使います。そして、事業用不動産は対象から外します。設備機械等の減価償却は通常通りなされているようですので、設備機械等は今回説明からは除きますね。

■表1;ホワイトボード

自社分析段階
財務DD段階
差額
①実質債務超過額
100,000千円
120,000千円
▲20,000千円
※不動産価値の下落による
②滞留在庫
   0千円
 20,000千円
▲20,000千円
キャッシュフロー(FCF)
③5年計FCF
(10,000千円)
50,000千円
(9,000千円)
45,000千円
(▲1,000千円)
▲5,000千円
④不動産価額
・遊休不動産
・個人不動産
簿価
 30,000千円
 30,000千円
特定価格
 55,000千円
 30,000千円
含み益
25,000千円
①+②③-④
10,000千円
▲10,000千円


う~ん。財務DD報告書ではまだ未払金、未払費用についても指摘していますが、財務DDをやると、主要なポイントだけでも厳しいですね。池溜社長のご実家もやはり視野に置かないとダメなのか・・・。わかりました。いずれにしても、皆さん、およその姿が見えてきました。プロジェクトメンバーへの説明会で、関係者の奮起を期待します。
(経営者 池溜氏)
わが社もこの困難を乗り越え、次の世代に誇れる会社を残したいと思います。よろしくお願いします。                   (続く)

最終更新日 ( 2009/05/29 Friday 10:34:37 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!