トピックス
No.400【会社は細り命を落とし、個人は太って命を落とす】-2006.4.5
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0530~0559 arrow No.532【心に響く言葉】-2008.10.29
No.532【心に響く言葉】-2008.10.29 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2008/10/29 Wednesday 09:56:21 JST
No.532【心に響く言葉】-2008.10.29

 

読者層が20代~40代前半の雑誌「SPA!」(扶桑社)10月28日号におもしろい特集が載っていたので、ご紹介したい。
硬派の「AERA」、軟派の「SPA!」は、どちらもたまにチェックすると面白い。


「人生訓グランプリ」という特集で、読者が心に響く言葉をランキングしている。

1位「明日は明日の風が吹く」(ことわざ)で、プラス発想でとても共感できる。社会や経済がこれだけ未体験ゾーンに突入すると、今までの常識や経験が全く役に立たない。歴史を見つめなおし、現実を直視したうえで、明日は明日の風が吹くと笑顔で言いたいものだ。
2位は太平洋戦争に大反対したが、いったん開戦と決まると任務を全うした偉人、山本五十六氏の「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」
「苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣きたいこともあるだろう。これらをじっとこらえてゆくのが男の修行である」という当時の苦しい胸の内を吐露しているのではないかと思う言葉も24位にランキングされている。
同率2位はボクサーの辰吉丈`一郎氏の「今日できないことは明日からも出来ない。明日からやろうというのは逃げの言葉である」と誰の心にもぐさりと突き刺ささる真言である。
4位はシェークスピアの「世の中には幸も不幸もない。ただ考え方でどうにもなるものだ」
有名な名言「今が最悪だと言える間は最悪ではない」も16位。
5位は「最後まで希望を捨てちゃいかん。諦めたらそこで試合終了だよ」(井上雄彦氏の漫画「スラムダンク」の安西先生)という漫画のキャラクターに言葉だ。
11位に「宇宙海賊キャプテンハーロック」(松本零時氏)のハーロック船長の言葉で「男には負けるとわかっていても戦わねばならない時がある」
6位「人生、生きてるだけで丸儲け」(明石家さんま氏)
7位「朝の来ない夜はない」(吉川英治氏)
8位「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」(相田みつを氏)
9位「にんげんだもの」(相田みつを氏)
10位「この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ」(アントニオ猪木氏)
12位には「あなたが生まれてきたとき、あなたは泣いていて周りは笑っていたでしょう。だから、あなたが死ぬ時は周りが泣いていて、あなたが笑っている、そんな人生を送りなさい」(あるインディアンの言葉)
上杉鷹山氏の「なせば成る、為さねば成らぬ何事も、成さぬは人の為さぬなりけり」は17位

このような時代だから、心に染みる座右の銘をもって、前進あるのみ。何事もやってみなければわかりません。

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418