トピックス
No.407【新会社法を活かす】-2006.5.24
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0500~0529 arrow No.523【不安と問題点の違い】-2008.8.27
No.523【不安と問題点の違い】-2008.8.27 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2008/08/27 Wednesday 09:52:18 JST
No.523【不安と問題点の違い】-2008.8.27

 

市場開放的なグローバル経済をとるか、閉鎖的な保護主義経済政策をとるか、世界は大きな岐路に立っている。
行き過ぎたグローバル経済は修正され、振り子のように揺り戻しがくるだろう。

それはアメリカ大統領選挙の結果により、方向性が見えてくるだろうが、共和党が勝てばグローバル化が維持され、民主党が勝てば保護主義経済になってゆく。
しかし、長年のグローバル経済の浸透によって、誕生したBRICSの経済力が無視できないレベルに拡大し、影響力を発揮しだしているので、アメリカ一国の政策決定が世界のロードマップを描ききれるほどのリーダーシップはもうない。先行きはますます不透明である。

国内では「官製不況」と呼ばれるように、業界の成長を阻害するような法律改正がおこなわれている。改正建築基準法と資材の高騰により建設業界は塗炭の苦しみを味わっている。
改正貸金業法は過払い金の返還による消費者金融業界を破壊し、そのユーザーであったパチンコ店の顧客が激減し、パチンコ不況という副産物も具現化した。

秋口には政治の季節がやってくるため、選挙前のばらまき特需と選挙後の増税による景気後退の加速化が進むと覚悟しなければならない。
ならば企業はどのように立ち向かい乗り越えるかが、知恵の出しどころといえる。

そこで、不安と問題点を峻別し、解決すべき問題点を明確にして、解決のためのアクションを起こさねばならない。

不安と問題点の峻別は次の方法をお勧めする。
問題点を箇条書きで書きだすのである。
書き出した箇条書きを重要順位別に並び替えて、今すぐ解決すべき3項目、今後1年をめどに解決すべき3項目、長期的に解決すべき3項目を選び出す。
あとは、それぞれについて、具体的にアクションプランを立てて、期限を設定することである。

感じていても箇条書きにできないものは漠然とした不安であり、問題点ではない。つまり、対策の打ちようのない不安は考える必要がないということだ。
例えば、最近よく言われるように、「老後の不安」は個人の力では如何ともしがたいので考えるだけ無駄である。それよりも、「老後を楽しめる体力をいかにつけるか」が問題なのである。

不安にさいなまれて心を病むよりは、今できることを具体的に着手することが大事なのである。

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418