トピックス
No.400【会社は細り命を落とし、個人は太って命を落とす】-2006.4.5
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0500~0529 arrow No.521【成功するビジネスマンの仕事観】-2008.8.13
No.521【成功するビジネスマンの仕事観】-2008.8.13 プリント メール
ユーザ評価: / 3
悪い良い 
2008/08/12 Tuesday 16:42:48 JST

No.521【成功するビジネスマンの仕事観】-2008.8.13

成功する経営者の仕事観を見てみると、共通項が多い。その最たるものが「仕事が人生で、人生が仕事なのである。人生観=事業観=仕事観」というものだ。人生そのものが仕事なんて味気ないと思うかもしれないが、実はとんでもなく豊穣な世界なのである。

仕事が楽しくて仕方がない。仕事が遊びで、遊びが仕事なのだ。だから、人生のすべてが仕事中心に動いている。おそらく、死ぬまでこれが続くのではないか。会社から離れて後継者を育てるのも経営者の大きな仕事だが、その手段としてゴルフ場に通うのも仕事なのである。
仕事と遊びと人生と生活が一致しているから、いつでも現役に復帰できるのである。

そこで、今回は成功するビジネスマンの仕事観を考えてみよう。
1.生きがいとは、情熱を注ぎ込む仕事の中に苦労とともに見出す深い喜びだ。
  ☆クレームばかりいただいていたお客様からおほめの言葉をいただいた。
  ☆どう育てればよいか悩んでいた社員が、一人前に成長した。
  ☆金食い虫で、なかなか売れなかった開発商品が売れだした。

2.より多くの挑戦とより多くの責任を求めよ。
  ☆出来ない言い訳をする前に、まずやってみるという挑戦マインドが大事だ。
  ☆「自分がやらねば誰がやる」という責任感の強さがビジネスマンの仕事観だ。

3.チームワークはひとつの目標に向かってそれぞれの持てる力を結びつけ創造的意欲を高めて
     ゆくことに ある。
  ☆どんな仕事も一人ではできない。人は思うように動かない。この矛盾をパワーに変える人が
          ビジネスマンだ。

4.同じ仕事の繰り返しでは人も会社も成長しないし、変化が起きない。
  ☆1年で見直し、2年でやり方を変え、3年で捨ててしまう。
  ☆変化こそ常道であり、小さな改善を地道に積み上げる。

5.可能性を信じて自らを変化させることで能力が開発される。
  ☆よい習慣をまずやってみる。そして、もう一日続けてみる。

6.仕事に使命を感じ、働きに喜びを見出すような人生観を持たねば、能力を積極的に伸ばし、
     人生を成功させる事はおぼつかない。
  ☆3人の煉瓦職人に「何をしているか」と尋ねると、
   Aは「レンガを積んでいるのさ」、
   Bは「壁を作っているのさ」、
   Cは「未来を担う子どもたちが安心して学べる学校を作っているのさ」
   と答えた。あなたはどう答えますか。

7.専門家とはたった一つの分野に人生をかけても悔いのない人のことを言う。

仕事観は人生を磨く大事な砥石なのです。

最終更新日 ( 2008/08/12 Tuesday 16:55:34 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!