トピックス
No.392【お客様を増やす方法は足元にある】-2006.2.8
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0500~0529 arrow No.517【会社の力を評価する】2008.7.16
No.517【会社の力を評価する】2008.7.16 プリント メール
ユーザ評価: / 1
悪い良い 
2008/07/16 Wednesday 09:56:47 JST
No.517【会社の力を評価する】2008.7.16

 

今後何が起きるかわからない混迷が続く経営環境の中で、常に、冷静に自社の力を評価して、ポジションを認識しておく必要がある。
人間の場合は、定期的に人間ドックで状態を確認し、毎日の体重測定や血圧測定でメンテナンスします。会社も同様に、5年ごとに経営診断を行い環境適応度を確認し、毎年の経営分析、毎月の幹部会議、毎日の報告連絡相談でメンテナンスする必要がある。


会社の評価項目は次の10テーマ28項目。
1.業績
 ①全社の業績を成長性、収益性、生産性、安定性、返済能力の5つの面から評価する。
 ②事業単位でも同様の評価を行い、経営資源の投入優先度を決める判断材料とする。
 ③金融機関の格付評価点数
2.商品・サービス
 ①商品貢献度で評価する
  定量貢献度(売上高、限界利益、経常利益等)と定性貢献度(ブランド、知名度、PR効果等)
 ②競争力で評価する
  市場優位性(シェア、CS等)と競合商品との比較(品質、価格、機能、デザイン等)で評価する
  ③成長性、将来性で評価する(ライフスタイル(LS)分析、今後の伸び率等)
3.マーケティング
  ①マーケティング組織
  ②マーケティング力の評価を行う
4.流通チャネル
  ①商品の特性
  ②チャネル別の貢献度
  ③代理店や問屋の力量分析
  ④販売小売店の力量分析
5.技術・生産
  ①技術分析
  ②生産収益性
  ③生産管理システム
6.人的資源
  ①経営者(全社、部門)の力量
  ②社員の力量
7.物的資源
  ①固定資産の内容分析とその活用度
  ②流動資産の分析
8.資金力
  ①資金調達力、特に担保力
  ②信用力評価
9.情報資源
  ①IT化の進捗度
  ②データベースの活用度
  ③データ営業の進捗度
10.経営システム
  ①組織構造及び柔軟性
  ②責任と権限
  ③CSRとコンプライアンス
  ④先進性

最終更新日 ( 2008/07/16 Wednesday 09:59:46 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!