トピックス
No.406【会社は危険がいっぱい】-2006.5.17
更に読む...
 
Home arrow 経営に役立つISOシリーズ arrow 57号-ISOを活かすツール(仕掛け)が必要です-
57号-ISOを活かすツール(仕掛け)が必要です- プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2008/03/14 Friday 09:30:06 JST
経営に役立つISOシリーズ 57号-ISOを活かすツール(仕掛け)が必要です-

 

ある企業での審査機関の審査の場面です。審査員は品質管理責任者に対してインタビューをしています。

審 査 員:

各部門の審査を行いましたが、是正処置、予防処置がほとんど実施されていない部門が多かったですね。
管理責任者:
そうですね。大きなクレームも発生していませんので、順調に運営されているということではないでしょうか?
審 査 員:
しっかり運営されていることは確認させて頂きました。しかし、改善点がないというのは問題です。継続的改善が進んでいないことになります。
管理責任者:
是正処置規定と予防処置規定は作成されていますが、なかなか実施されないのです。
審 査 員:
規定を作成するだけでは、運用はできないですよ。「いかに運用するか」です。
管理責任者:
そうですね。規格要求事項に従ってシステムは作成できており、決められた手順どおりに運営することはできていると自信があるのですが、改善にはつながっていないのです。
審 査 員:
ISOは決めた通り実行することと、決められた手順の改善を進めること、の両面を行わなければなりません。御社では、改善を進める方が少し弱い様ですね。
管理責任者:
規格要求事項はあれもこれもと沢山のことを要求していますから、なかなか手が回らないというのが本音です。
審 査 員:
確かに規格要求事項は多岐にわたっていますが、上手く機能してない項目はそう多くないはずです。内部監査などの機会を活かして是正処置や予防処置の様な上手く機能していない項目を拾い出して、どのように運営するか検討してみては如何でしょうか。
管理責任者:
分かりました。それで拾い出してどうすれば良いのでしょうか?
審 査 員:
文書や手順が決まっているだけで活動がスタートしない場合は、行動が起こされるように「道具」(仕掛け)を作って下さい。そうすれば、少しづつでも活動が始まるはずです。
管理責任者:
分かりました。頑張ってみます。

1.ISOを活かしていない項目を拾い出しましょう
  ISOの規格要求事項どおりシステムを構築するとすぐに上手く動き始める項目と、特別に工夫をしなければ動かない項目があります。思い通り動いていない項目をピックアップしましょう。

2.「マネジメント・ツール」(仕掛け)をセットしましょう
  品質マニュアルや下位文書を構築してもISOは機能しません。それは、「道具」が足らないからです。パソコンで文書作成をするためには、「ワード」のソフトだけでなく「ウインドウズ」というOSが必要です。パソコンは購入時にウインドウズがインストールされているので何の心配もないのですが、ISOではツールが必要なことをコンサルタントも審査機関も教えてくれないので気が付いていない企業が多い様です。マネジメント・ツールを組み込みましょう。
clip_image002_1.gif

最終更新日 ( 2008/03/14 Friday 09:30:59 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!