トピックス

No.388【2006年は勝負の年】-2006.1.11

更に読む...
 
Home arrow リサーチレポート arrow オーナー経営者に役立つ「資産運用 arrow 日本から総額30兆円が消える?あなたの株券は大丈夫?
日本から総額30兆円が消える?あなたの株券は大丈夫? プリント メール
ユーザ評価: / 1
悪い良い 
2007/10/04 Thursday 10:03:57 JST

日本から総額30兆円が消える?あなたの株券は大丈夫?

 

私は目加田経営事務所の西里 京輔と申します。私の前職は某大手証券会社に勤めていた証券マンでした。レポートでは当社と前職の経験を基に皆様に情報をお伝えしていきます。
前職では、私のお客様は「初めて資産運用されるお客様」が多かったため、難しい用語を簡単に理解できるように心がけて説明しておりました。例えば、「ライブドアショック」では資産状況の変化が大きく大変でしたが、お客様の資産を無事にお守りできました。私が多くのお客様とお会いする中で、経営者の皆様が「関係する地元の金融機関」や「上場会社の株」を持たれている事が多くありました。そして、株券電子化についてはほとんどの方が知りませんでした。また、相続・贈与で株券を得たのですが、存在そのものを忘れている方も多かったです。私は、「皆様が株券電子化対策をしているのか」非常に心配です。そこで今回のレポートで株券状況をチェックしてみてください。


そこで、あなたの株券状況をチェックしてみてください。

0.gif

解決策①

特別口座では株主の権利を確保するための口座のため株式の売買は出来ません。
株式を売買するためには証券会社で口座を作り、株式を振替しなくてはなりません。
そして、証券会社を通して「証券保管振替機構(ほふり)」に株券を預けます。
証券保管振替機構(ほふり)とは上場会社の株券を一括して集めて管理するシステムです。最近では通称(ほふり)と呼ばれています。
例えば、株の売買があっても、株券を動かさず機構内に作られた証券会社口座間で振替により決済されます。

109.gif

証券保管振替機構に預けるメリット

①株券移動時の事故を防ぐなど安全に保管される。
②機構に預託された株券は、法律によって保護される。
③名義書き換え手続きが不要
④名義書き換え中でも売却できます。

解決策②

今すぐ名義書き換えしてください。
このままの状態では第三者名義で特別口座が作られます。自身で名義書き換えをする方法もありますが、それでは株券電子化施行後は特別口座で権利を確保するだけになります。

一番良い方法、証券会社で名義書き換えを代行してもらい、そして証券口座を作り証券保管振替機構に預けてもらう方法をお勧めします。名義書き換えの代行料は各証券会社にお問い合わせください。

株券がなくなる「株券電子化」が2009年1月を目標に施行される予定です。株券がなくなるまで後1年半です。早く株券対策する事をお勧めします。
平成19年8月20日に日本証券業協会が発表した「タンス株券」地域別分布調査結果によると株券電子化によって無効になる株券が727億株分まだ残っており、時価総額では30兆円に達するようです。私の地元沖縄では27419人の方がまだ「タンス株券」をお持ちです。とにかく、早く株券対策をする事をお勧めします。

※ ご注意
このレポートは平成199月時点に基づき作成しております。今後出される法律、政・府省令等により、内容が変更になる可能性がございますのでご留意ください。

最終更新日 ( 2007/10/05 Friday 10:37:49 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!