トピックス
No.395【そこまでやるか・・・徹底した歓迎】-2006.3.1
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0440~0469 arrow No.464【経営の独立記念日】-2007.7.4
No.464【経営の独立記念日】-2007.7.4 プリント メール
ユーザ評価: / 1
悪い良い 
2007/07/04 Wednesday 10:05:45 JST
No.464【経営の独立記念日】-2007.7.4

 

独立の3条件
1.ユーザー直販

2.現金取引
3.価格決定の自由


兵庫県川西市黒川。大阪の中心地、梅田までは最寄駅から40分という立地にありながら、緑と自然が豊富に残る市街化調整区域として、陸の孤島と呼ばれる農村地帯です。住宅の新築ができないし、商業施設ももちろんできません。
ここが、私の故郷です。もっとも、最寄駅までは車で10分、タクシーで30分(呼ばないといけないので)、歩けば早くて2時間、バスならいつになるかわかりません。要するにとんでもない山奥に有ります。

ここで、兼業農家を営んでいた父と母は、季節の野菜や果物を生産し、JAに販売委託していました。春はイチゴ、夏はトマト、秋は栗がメイン商品で、隣の池田市卸売市場に出荷するために毎朝JAの集荷車がやってくる7:00までに、収穫、選別、箱詰、等級表示、伝票発行を済ませなければなりません。
まだ私が夢の中にいる朝の4:00には、父母の姿が畑にありました。
夕方、仕事から帰ってくると、畑に直行して、畑仕事に精を出します。帰宅は早くて21:00、農繁期になると23:00というときも珍しくもありません。

これほど、一所懸命働いても、月末にJAから送られてくる明細を見るとがっかりしてしまいます。
買上価格は市場のセリ値で決まりますから、毎日異なります。出荷が多ければ安いし、少なければ少し高くなります。
そこから、市場の販売手数料、JAの集荷料、事務手数料、肥料代、資材費等が控除されるため朝4:00から夜中の21:00まで働いて、ひどいときはマイナスになることもあります。
シーズンを終わって締めてみると、手元に残る金額は平均10%前後です。そこから、農機具の月賦や人件費を払うのです。人件費といっても実際には家族の生活費です。シーズン2ヶ月で100万円の売上があっても手元に残るのは10万円。そこから農機具の月賦を払うと、人件費はほぼ“0”です。
全てを巨大な組織に依存しているので、働く時間から、価格から、チャネルまで全て相手に合わせて、何一つ自分で決めることができないのです。
これで生活が成り立つのは兼業農家で、サラリーマンとして月給をもらっているからです。 農業は先祖から相続した大事な土地を守ることと、自分の食べるものを作るためについでにボランティアしているという感覚だから可能になるのです。

【共同売店を作ろう】
父が定年退職後は健康維持のためにも専業農家になりました。
すると、農業がいかに儲からないか実感したのでしょう、しきりにぼやいていたのを覚えています。
そんな時に、最寄駅周辺にある巨大な団地から日曜日のたびに取れたての新鮮な野菜を求めて買出しに来る奥さんが現れたのです。
「いくらですか」と聞かれて、値段を自分で決めたことが無かったので、「いくらでもいいよ」と相手に任せます。すると、その人も困って、1000円札を1枚おいていったそうです。JAに出せば100円程度の収入だと思っていたので、驚きました。
毎週、その奥さんはやってきました。
ここからは父の話を参考にしたフィクションです。
「おじさん、私、毎週ここに来てるけど、子供の世話や仕事があって結構、大変なのよね。団地と村の間で売店でも作ってくれると助かるんだけどなあ」(奥さん)
「そんな金のかかる建物を建てたら、今でも大変なのに、借金暮らしになって首をつらなくてはならないよ。」(父)
「そんな建物はいらないって。場所が決まっていて、野菜を並べた台があればいいのよ。ほら、よく道路沿いで、無人の売り場が有るでしょ。あれと同じ。朝取りの野菜や果物がスーパーより安ければ皆、絶対に買いに来ますよ」(奥さん)
「そんなもんかね。安いって、どれぐらいの値段にしたら買いに来てくれるのかな」(父)
「団地の中に、スーパーがあるのはご存知ですよね。そのスーパーの値段の30%引きぐらいで十分値打ちがありますよ」(奥さん)
「そうか、じゃあ、近いうちにスーパーに行ってみてくるよ」(父)
「ぜひ、そうしてください。私も近くなって助かるし、他の人にも宣伝できるから、お互い助かるはずですよ」(奥さん)
父はスーパーで売っている野菜や果物の値段を見てびっくりしました。自分達のセリ値の倍近い値段で売っているのです。売値の70%で売っても、集荷料、販売手数料、事務手数料がかからないので、手元に100%以上残る計算です。
(参考:売上高(セリ値)=100とすると手元に残るのが10、原価が90。売店で売ると、売上高(セリ値の2倍の70%)=140なので、原価は肥料代と資材費のみ、手元には100以上残る計算です。)
しかも現金。価格も自由に設定できます。お客様に直接販売するので、要望もその場で聞けるし、クレームもその場で解決します。
さっそく、村の仲間に声を掛けてみると、数人の人が同じ要望を聞いていたようで、話しはトントン拍子に進みました。
団地と村の中間地点に共同売店ができたのはそれからまもなくのことで、口コミでうわさが広がり、売店の野菜や果物は開店後2時間で売切れてしまいました。お客様の要望で夕方も開店することになり、売店は結構繁盛しています。
売店開店日が村の独立記念日だったのです。

「事業とは顧客創造だ」と喝破したのがアメリカの最も有名な経営学者P.F.ドラッカー氏です。
2005年11月11日に95歳で亡くなりましたが、すばらしい功績を多数残しておられます。
お客様のニーズを発見し、それを満たすことによって会社は発展してゆきます。社会の変化とともにお客様のニーズは激しく変化してゆきますから、お客様から目を離すと一気に業績不振に陥ります。
しかし、お客様目線を取り戻し、お客様のニーズを発見し、取り込んだならばまた成長軌道に乗せることができるのです。
独立経営の3条件をひとつでも多くクリアして、経営の独立記念日を作りましょう。

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418