トピックス
No.387【今年の出来事】-2005.12.28
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0290~0319 arrow No.304【世界中にビジネスチャンスがある】-2004.5.19
No.304【世界中にビジネスチャンスがある】-2004.5.19 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2007/06/25 Monday 11:42:51 JST
No.304【世界中にビジネスチャンスがある】-2004.5.19

 

イギリスは不動産バブルの真っ最中
4月末にロンドン事務所の立地環境と不動産探しを兼ねて、ロンドン、オクスフォードを中心に不動産を見て参りました。
イギリスは現在、不動産バブルで、昨年12月に会社の設立登記した頃と比べると50%前後、値上がりしています。
昨年の12月は、他社の事務所とシェア(共同賃貸)する場合、ロンドン郊外で15坪程度の広さで、坪4万円程度でしたが、今回は最低でも6万円以上の価格になっていました。単独の場合はもっと高くなります。家具付き住宅は最低でも家賃30万円以上でないと満足のいくものはありません。
バブルはいつかはじけますので、それがいつになるか分かりませんが、EUの経済成長率の高さもあって、当面は高価格で維持することでしょう。
イギリスは総額表示なので消費税(VAT17.5%は含まれています。しかし、量販店においては、販売価格は競争で低値安定ですが、地代・家賃等のインフラコストは上昇を続けているため、一気にデッドラインを超えてしまい、廃業するところも増えているようです。

アムステルダムで新発見
あまりのコストの高さにがっかりしながら、新規事業の調査を兼ねてオランダ、アムステルダムに行って参りました。初めての訪問でしたが、町の美しさは島国イギリスとは異なり格別です。
街自体が美術館で、その中で人々が生活しているという印象でした。
アムステルダムでは日系のホテルに宿泊したのですが、ホテルの中にある店舗はすべて日本人を顧客対象としており、食料品店、理容、エステ、みやげ物店、書店、貴金属店、日本料理店、鉄板焼きレストラン等がありました。

●食料品店は個人経営でしたが、アムステルダムでは1店しかなく、顧客のほとんどがアムステルダム駐在の日本人だそうです。
価格は日本の約3倍ですが、みそ、醤油、海苔、納豆、豆腐、洗剤、衛生用品等、日本の食糧品は何でも置いています。取り寄せも可能なので、地域のコミュニケティセンター的要素を持っていました。

●理容店は日本の高級ホテルに出店しているチェーン店(米倉)でしたが、アムステルダムではこの1店しかありませせん。日本から3年の約束で単身赴任している2名の男性理容師が働いていました。日本語を話すオランダ人はいるようですが、やはり思い通りの髪型にならないようで、皆が失敗したあげくに、この店を訪れるというのが実態です。
価格は普通のカットで50ユーロ(約7,000円)。トリートメントまでやると80ユーロ(約11,000円)になります。

●美容院で日本人が経営している「さくら」という店が1ヶ月前に郊外にオープンしたというので、話を伺いに行ってきました。
50坪くらいのヘアサロンをオーナー5人で共同で借りて、それぞれが個室を持ち、それぞれの顧客と対応しているのです。シャンプー等の水周りは共同で利用し、各部屋ではカットやトリートメント、パーマをやっています。オープンして1ヶ月で、約7割が予約で詰まっています。価格はサービスメニューにもよりますが、平均的に150ユーロ(約21,000円)です。この店がオープンするまでは、駐在員の奥様は日本人経営の店舗があるドイツのデュッセルドルフまで出かけていたそうです。

●ホテル内の日本料理店は客席数120で、予約しないと入れません。平均客単価は100ユーロ(約14,000円)で、回転率は3回転、年中無休で、年商18億円程度に見受けました。日本人スタッフが70人近くいますが、高収益を上げているとの事でした。顧客の50%は日本人で残りは外国人です。

では、物価が高いのかなと思い、街のスーパーマーケットに入ると、コカコーラが1ユーロ(約140円)。消費税(VAT)がイギリス同様に17.5%なので、本体価格は120円。デフレ後期の日本並みです。つまり、顧客のニーズを満たせば市場創造ができるということを実感しました。現地に住む日本人の悩み事を解決したビジネスがいずれも成功しているのです。
ちなみに、オランダにおける3ヶ月以上の在留邦人は約6,000名で、在留邦人のランキングで見ると19位です。たった6,000名でビジネスが成功し、世界の都市への展開が可能になります。
グローバル化している企業のほとんどは海外に移住している自国民を追いかけながら、ビジネス展開し、その後発展して、現地に溶け込んで本物のグローバル企業に成長しています。
海外に住む日本人を対象に海外で事業を展開、又は創業するのもひとつの考え方です。



~在留邦人数ランキング~

順位
都市名
在留邦人数
順位
都市名
在留邦人数
1
ニュー・ヨーク
58,305
16
シカゴ
6,968
2
ロス・アンジェルス
35,878
17
マニラ
6,681
3
ロンドン
24,550
18
上海
6,332
4
シンガポール
24,186
19
シアトル
5,900
5
香港
23,480
20
デュッセルドルフ
5,895
6
パリ
21,533
21
ボストン
5,787
7
サン・パウロ
18,345
22
クアラルンプール
5,735
8
バンコク
16,866
23
ソウル
5,644
9
シドニー
15,529
24
メルボルン
5,624
10
ヴァンクーヴァー
13,945
25
サン・ディエゴ
5,320
11
ホノルル
11,574
26
アーヴァイン
5,245
12
サン・フランシスコ
10,632
27
トロント
5,044
13
サン・ノゼ
10,611
28
北京
4,735
14
台北
7,939
29
アトランタ
4,288
15
ジャカルタ
7,407
30
ブエノス・アイレス
4,188

順位
国(地域)名
在留邦人数
順位
国(地域)名
在留邦人数
1
アメリカ合衆国
293,606
26
ヴィエトナム
2,585
2
ブラジル
79,560
27
ボリヴィア
2,538
3
イギリス
55,224
28
インド
2,050
4
中華人民共和国
43,997
29
スウェーデン
2,003
5
オーストラリア
33,188
30
ペルー
1,886
6
カナダ
30,681
31
オーストリア
1,792
7
フランス
24,658
32
ロシア
1,562
8
シンガポール
24,186
33
南アフリカ共和国
1,540
9
ドイツ
23,270
34
コロンビア
1,370
10
タイ
21,400
35
アラブ首長国連邦
1,182
11
大韓民国
15,217
36
北マリアナ諸島
1,175
12
台湾
13,227
37
トルコ
1,166
13
アルゼンティン
11,846
37
チリ
1,152
14
インドネシア
11,766
39
サウディ・アラビア
1,121
15
マレイシア
11,545
40
エジプト
1,046
16
フィリピン
8,728
41
デンマーク
947
17
イタリア
7,359
42
スリ・ランカ
838
18
ニュージーランド
6,412
43
パキスタン
808
19
オランダ
5,919
44
ヴェネズエラ
773
20
スイス
5,595
45
ケニア
740
21
ベルギー
4,688
46
アイルランド
736
22
スペイン
4,532
47
ハンガリー
714
23
メキシコ
4,109
48
イスラエル
708
24
パラグァイ
3,860
49
フィンランド
693
25
グアム
2,811
50
ギリシア
624

(資料出所:外務省ホームページより)



目加田経営事務所では海外市場の定点観測の必要性を提唱していますが、海外の市場を見つめることも重要な視野の確保になります

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!