トピックス
No.392【お客様を増やす方法は足元にある】-2006.2.8
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0410~0439 arrow No.417【平均年齢と業績は比例する】-2006.8.2
No.417【平均年齢と業績は比例する】-2006.8.2 プリント メール
ユーザ評価: / 2
悪い良い 
2006/08/02 Wednesday 11:13:32 JST
No.417【平均年齢と業績は比例する】-2006.8.2


最近、気になっているのが、社員の平均年齢の高さです。
1992年以降のバブル崩壊後は、危機を乗り切るために積極的な求人はどこも行えませんでした。
21世紀になって企業業績も明るさを取り戻し、求人も活発になりました。
最近の、求人学生は引く手あまたの完全な買い手市場になり、企業の求人担当者を悩ませるところ

まで回復してきました。買い手市場になると出てくるのが、時代にあった給与や処遇体系の見直しや評価方法を再検討する人事制度の仕組みづくりが華やかです。
「企業は人なり」といわれるように、企業の盛衰や業績が人によって決まるのは間違いありません。
どのような人材を採用し、どのように育てるかという各企業の社風や制度といったミクロの問題が密接に影響を与えることも事実ですが、もう少し大きなマクロの問題として人口分布、簡単にいえば、平均年齢の是正は重要な問題ではないかと思っています。
中小企業では、思い通りの人材を採用することもむつかしいですし、その人材を次の事業の柱を構築できるほどの幹部に育成することはもっと難しい問題をはらんでします。
4171.gif

上のグラフを見てください。
皆さんはこのグラフをどのように分析して、何を読み取りますか?

これは、日経四季報の2004年秋号掲載の上場企業2653社のうち、平均年齢が記載されている
企業をピックアップし、平均年齢と過去3年間の売上高経常利益率の相関関係をグラフ化したものです。この際、業種、業態、企業の規模や、社員数の大小は一切考慮せずに分析しています。
このグラフからわかることは、平均年齢が上昇するにしたがって、企業の業績は減少することを物語っています。もちろん創業年の老若との分析をしているわけではありませんので、社歴の古い伝統企業=平均年齢が高いという図式は成り立ちませんのであしからずご了承ください。

平均年齢と業績は連動する

日ごろの経営コンサルティング活動での実感ですが、経営者及び幹部の年齢が高くなるに従って、組織が硬直してゆきます。
思考がワンパターンになり、新しいことへの挑戦が億劫になるのか、できない理由ばかり並べ立てて一向にやろうとしません。
過去に失敗したときにトップからこっぴどく叱責され、自分はどれだけ傷ついたか、そして、言いだしっぺが最後は責任を押し付けられ、苦しむのはもういやだと訴えます。
挙句の果てには、順調に言ったときの弊害を並べ立てて抵抗します。
「一挙にお客様に来られたら、今の人員では対応できないですよ。先に人員増加すべきです」
「いまのヤードでは、10台が限度です。それ以上の受注が来ると対応できません」
そんな時に私は、次のように言って確認します。
「山田部長、ありがとうございます。でも、心配しなくても初めにそんなに順調に行かないから大丈夫です。そこまで心配してくれているということはやることには賛成なんですね」
新しいことを実行するのに、自分の居場所なり、責任範囲を明確にできないと議論に乗れない人が多すぎるのです。過去の失敗によるトラウマのない幹部の方が例外だと思いますが、本人にとっては自分が世界一不運で不幸なのだと思っているのです。この愚痴を聞いてあげることによってやっと賛成に回るので、やたら時間がかかります。
若手がこの手の幹部と渡り合うときに必ずいわれるのが、次のような脅しと責任回避です。
「そんなに、自信があるなら、やってみろよ。
その代わり責任も自分で取るんだぞ。直接、社長に提案しろよ。もし売れなければどう責任をとるつもりなんだ?」
これで役員や部課長が務まるのだから、業績が悪くなって当たり前だと思いませんか。
新規事業や新製品を始める前から「絶対うまく行くこと」はありえませんし、「もしうまくゆかなかったら責任をとれ」といわれれば、会社のなかに有能な幹部はいなくなります。
残った人は、指示待ち族、事なかれ主義、寄らば大樹の陰のルーチンワークと根回し上手な人たちばかりになりますよね。

単なる年齢の若さだけを強調する「愚」は承知の上で、あえてこのテーマを展開しています。
本当はいくら若くても、挑戦意欲の無い若者は、前向きな老年以上に弊害なのですが、平均年齢がひとつの指標として目安になることをご理解いただければ、今回の目的を達成することができます。

あなたの会社の平均年齢は何歳ですか

18歳から60歳まで、各年齢で1人ずつ社員が在籍しているとしたら、社員の総数は43人、平均年齢は39歳になります。
会社の人口構成は普通、ピラミッド型、逆ピラミッド型、楕円形、8の字型などさまざまです。
今からでも遅くはありませんので、平均年齢を下げてみませんか。外国人、女性を含めて、若者と向き合って見ませんか。
そして、あなたの会社の未来を彼らにきちんと伝えられるように再度確認しようではありませんか。

 4172_1.gif

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!