トピックス

No.388【2006年は勝負の年】-2006.1.11

更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0410~0439 arrow No.413【大法螺のすすめ!人生を輝かせたいなら大法螺を吹こう!!】-2006.7
No.413【大法螺のすすめ!人生を輝かせたいなら大法螺を吹こう!!】-2006.7 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2006/07/06 Thursday 09:54:19 JST
No.413【大法螺のすすめ!人生を輝かせたいなら大法螺を吹こう!!】-2006.7.5

ビジネスマンにとって、「大法螺吹き」の技術はとても重要で、法螺もふけないようではたいした仕事はできないと思っています。
単なる「法螺吹き」では、「うそつき」で信用できない眉唾者になり、軽蔑されますが、法螺を法螺で終わらせること無く、現実にしていったならば、「さすがに、先見の明がある、見所のある人」だと尊敬されます。

私は法螺の効用を最大限に利用することを進めています。法螺の効用とは何か。
法螺はとっぴも無いことや実現性の乏しい場合が多く、そんなことを「私はやります」というのも勇気が要りますし、もし失敗したら恥ずかしいので、無難な線で公言する人が多いと思います。
しかし、言ってしまったなら、やるしかないので、ダメモトの遊び感覚で挑戦してゆく勇気が出てくるのです。そして、挑戦すると意外と周囲のヒトが興味をもって、いろいろな知恵やアドバイスをしてくれます。

ブログ・ダイエッター
最近、流行でブログ・ダイエッターが話題になっています。
ブログでダイエット宣言をしてその進捗状況を日記風に報告することによって、他人から見られていると意識することができて、ダイエットを成功させる方法です。
自分の意思だけでは持続しなくても、他人を巻き込むことで成功するノウハウといえます。
大法螺を吹くことによって、前進するしかないように自分を追い込み、それなりの成果を出さざるを得ないのです。
そして、前向きに行動すると、また不思議なことにこれが実現するのです。
もちろん失敗することもありますが、ほとんどの場合は大きな成果を得て成功します。

禁煙宣言!
7月1日よりタバコが320円に値上がりして話題になっていますが、私が禁煙した頃は120円の頃だったと思います。
学生時代に吸い始め、1日2箱をあけるほどのヘビースモーカーだった私は、入社1年目に、人事異動で勤務場所も本社の購買部門に変わり、環境が大きく変化しました。
朝礼のときに、何かコメントしなければならなくなり、何を言おうかと思っていると、ふと、禁煙をしようと思い、禁煙を宣言したのです。
「私は今日から禁煙します。もし、私が吸っているところを発見された方には5万円を差し上げます」
と言ってしまったのです。
入社1年目の新入社員の給与といってもそう多くありません。その中で5万円というのは大金です。
それを聞いていた総務課長が
「よく言った。罰金の給与天引きは任せて置け」
と茶化してくれました。
所詮他人事なので、無責任極まりないのですが、朝礼のコメントにしては無謀なコメントでした。
しかし、そのおかげで、禁断症状のような苦しみはほとんどなく、そのときを限りにスパッと禁煙できたのです。横でどんなにスパスパと吸っていても、気になりません。不思議なものですよね。
大法螺ふきで言ってしまったのがよかったのです。

地球を西回りに東京進出!
地方から首都に向かう方法はいろいろ考えられますが、私は地球を西回りする方法を考えました。
もし、東京に進出することが目的なら、創業の地を最初から東京と決めておけば話は簡単です。
しかし、それではあまりにも面白くないし、生き馬の目を抜く激しい競争市場で、たいした特徴の無い経営コンサルタントが開業しても何のメリットもありません。ピンからキリまで数十万人のコンサルタントの中で、キラリと光輝く存在にはなれそうにありませんでした。
それと、私には沖縄の風土はあまりにも魅力的過ぎたので、創業するなら沖縄でやろうとはじめから決めていました。
ここには、ギスギスした世知辛さがなく、人がおおらかで、どこかしら浮世離れしていて、とてもリラックスできるのです。
財界のボスでも、立場を離れれば普通の友人になるし、おもろいおっさん、おばさんになってしまう。しかも誰もそれをおかしいとは思わない。
沖縄で経営者を探そうと思えば、宴会場で勘定払っている人を探せといわれるぐらい、無礼講とは本当の無礼な場なのです。社長も平も先輩も新入社員も皆同等で、年功だけが幅を利かす世界があったのです。これは面白いと思い、夢中になりました。
こんな世界を知らしめない手は無いと思い、創業した次第です。だから、私の創業の地は沖縄以外に考えられなかったのです。
ローカルもローカルな日本の最南端の沖縄で創業した以上は、東京を目指そうという思いが強く心に刻まれたのです。
沖縄の田舎者が東京の大企業から三顧の礼を踏んで提携を申し込んでもらえるような形で東京に進出したい。
そのためにはどうすればよいかと考えた末に出た答えが、東京=日本が頭の上がらない存在、それはアメリカだと気がついたのです。アメリカで有名になれば東京から探しに着てくれる。破格の条件で契約ができる。これしかない。
ならば、どうやって、アメリカに進出するか?
アメリカが頭の上がらないのはなにかと考えると、それはヨーロッパ、中でもイギリスだとわかったのです。イギリスと沖縄の接点を探すと、シンガポールが浮かんだのです。
よし、シンガポールに行こう!
シンガポールと沖縄は華僑の縁で自由に行き来できます。人脈も多い。そこで、浮かんだ発想が、地球を西回りに東京に進出するという構想なのです。
そこでいたるところで、この構想「大法螺」を吹きまくったのです。そして、2001年1月にシンガポールでセミナーを開催するところまでこぎつけました。
その後、南京とご縁があり、南京に事務所を開き、今は上海に移転しています。 シンガポールから大分それましたが、西方向には違いありません。そうこうしているうちに、ロンドンでご縁があり、ロンドンに会社を設立することになりました。
ロンドンでのビジネスもこれからですが、なんとか楽しみながらやってゆこうと思っています。
さあ、こうなると次はニューヨークです。予定では今年の冬にニューヨークに進出する予定です。
ニューヨークまでくれば、ラスベガスやロサンゼルスには土地勘がありますから、東京までは後一歩です。コンサルビジネスで地球を西回りに進もうと考えているとニューヨークの手前まで来てしまったのです。
皆さんも大法螺を吹いてみませんか。どんな音色がでるか楽しみですよ。
    目加田経営事務所主催! 歯科医1億円突破セミナー 明日7月6日開催!
    ところ:浦添市「結の街」   料金:15,000円(税込)

最終更新日 ( 2006/07/06 Thursday 09:57:12 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!