トピックス

No.397【「おもてなし」が会社を伸ばす】-2006.3.15

更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0410~0439 arrow No.411【「素明研一」が行く】-2006.6.21
No.411【「素明研一」が行く】-2006.6.21 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2006/06/21 Wednesday 12:10:41 JST
No.411【「素明研一」が行く】-2006.6.21

経営コンサルタントという職業について、23年。その間、さまざまな方とご縁をいただき、伸びる方、伸び悩む方、不幸にも後退してしまう方などさまざまな方々に出会いました。
全ての方が会社の中で存分に力を発揮できるわけではありません。その人自身のバイオリズムや家庭の環境、仕事の得手不得手、人間関係、専門能力、会社の業績等によって、大きく変化します。

  • 成功者なのに謙虚で腰の低い人
  • 権威者なのに丁寧な言葉遣いをする人
  • 下位者や弱者に優しい心配りができる人
  • 自信を喪失して力を出せない人
  • 能力は今一歩だが人一倍努力を重ね偉業を成し遂げている人
  • 不運にも上司とのそりが合わず力を発揮できる環境にない人
  • すごい専門性をもっているのに社会性に乏しく人を動かせない人
  • 人の心を忖度できない人
これはほんの一部の人です。十人十色というようにさまざまな個性をもった人が集まって会社ができています。
成功する人と成功しない人は一体何が違うのか、考え続けてきました。
ここでいう、「成功」とは本人が幸福を実感できていることをさしています。金持ちだとか貧乏人とか、
社会的地位があるとか無いとか、会社の規模や大きいとか小さいとか、有名だとか無名だとかは関係ありません。
そういう観点で、成功者を見てみると、ほとんど例外なく家庭円満で、地域社会でも評判がよい人です。だから、会社でもうまく行くのでしょう。

私なりの結論として、成功者には5つの共通項があります。
一つ目は「素直であること」
素直を広辞苑で引くと
「①飾り気なくありのままなこと。曲がったり癖があったりしないさま。②心の正しいこと。正直。③穏やかで人に逆らわないこと。従順。柔和。」
とあります。
私は素直さとは、オールイエス(ALL YES)の姿勢だと考えています。具体的には
☆呼ばれたら「はい」と返事する
☆頼まれたら「はい」という言葉から入る
☆要求に応えられないことがわかったときは、恐れず報告する
事例でいえば、
「山田君!」
「はいっ!山本課長」
「悪いけどね、これを明日までやってくれるかな」
「はいっ!わかりました。いま、やっている仕事を調整してみます」
「わるいね、頼むよ。仕事は忙しい人に頼めっていうだろう。仕事の速さで君の横に出るものはいないからね」
・・・必死でやりくりしたが、どうも明日までには間に合いそうも無いと判断したとき
「山本課長、昨日、ご指示いただいた仕事でご相談があるのですが。
昨夜晩くまで追い込んで7割方は明日までに仕上げることができますが、残り3割は翌日になってしまいます。なにか良い方法はありませんか」
「さすがの山田君でも難しいか。OK。じゃ、その3割は私がやるよ。ありがとう。」
素直な姿勢は生きてゆく上で最も不可欠は素養です。

第二に「明るいこと」
広辞苑で明るいと引いてみると
「性格・表情・内実などに曇りがなく、晴れやかである。ア:陽気である。明朗である イ:やましいところがなく、公明である」
と出ている。
いつも明るいことはプラスのエネルギーが充満し、よいことがタテ続きに起こります。
私は「明るい」とは、「笑顔」を持続できる姿勢だと考えています。具体的には
☆どんな苦しいときでも笑顔を絶やさないこと
☆絶体絶命ですらプラス思考で発想する
☆プラス言葉しか発しない
明るいということは心に曇りが無いからできることです。笑顔が消えそうになると、トイレに行って自分とアイコンタクトして笑顔を作ってみることです。

第三に「研究熱心であること」
研究熱心とは、工夫する力ですが、その一番根っこにあるのが「関心」を持つことです。
関心があるから情報が集まります。関心を持てないことを研究することはありません。
仕事に関心があると、どうすればもっと効率よく仕事ができるか工夫しますし、売り方に関心があれば、行列のできる店を研究したり、POPやキャッチコピーを研究するでしょう。
工夫の根源は「関心」であることを確認しましょう。
私は「研究熱心」とは、工夫し続ける姿勢だと考えています。具体的には
☆もっと楽にできないか
☆もっと早くできないか
☆もっと上手にできないか
☆もっと安くできないか
仕事のやり方で言えば、1年で見直し、2年で修正し、3年で捨ててしまう。「改(改善)、廃(廃棄)、新(新規)」のリズムを自分の中で設定するのもひとつの方法です。

第四に「一流であること」
広辞苑で「一流」を引いてみると
「①第一等の地位。最も優れている段階。②ひとつの流派。③他とは違う独特の流儀」
と出ている。
同じやるなら、一番に、そして一流を目指したいものです。一番と二番の差は二番と百番の違い以上に大きな差があり、一番にならなければわからないことがあります。
追うものから追われるものになるのです。

第五に「さわやかな行動」
最後に、「行動」する。
やってみないと何事も変わらない。行動したものしか失敗をしないし、失敗を怖がらずに成功するまで続けた者しか達成感を味わえない。
たとえ、うまく行かなくとも、次はやり方を変えればよいのであって、行動することが最良の行動であり、最高の解決策です。
行動しないこと、停滞していることが最大の悪です。
素明研一君のようにさわやかに行動してほしい。

目加田経営事務所もサポートしている、今年で4回目の沖縄公演!
アジア・チャイルド・サポート主催
            モンゴルの子供たちによる「サンバイノコンサート」 開催
マンホールチルドレン、両親に捨てられ孤児になった子供たちが生きる希望を見つけて渾身の演技を披露してくれます。感動と涙なくしては見ることができません。
とき:6月24日(土) 豊見城市民会館  25日(日) 沖縄市市民会館
大人2000円、小人(高校生まで)1000円
お問い合わせ http://www.okinawa-acs.jp TEL 098-938-0100


最終更新日 ( 2006/06/21 Wednesday 12:13:18 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418