トピックス
No.392【お客様を増やす方法は足元にある】-2006.2.8
更に読む...
 
Home arrow No.380~399 arrow No.1070~No.1099 arrow No.1094 ≪「2020年こそGDP3%達成できますように」の易占結果≫-2019.12.25
No.1094 ≪「2020年こそGDP3%達成できますように」の易占結果≫-2019.12.25 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2019/12/25 Wednesday 11:47:46 JST

No.1094 ≪「2020年こそGDP3%達成できますように」の易占結果≫-2019.12.25 目加田博史

 

今年最後のメルマガ1094号になります。今年もご愛読下さいましてありがとうございました。皆様からのコメントが大きな励ましとなり、継続するパワーになっています。これからもよろしくお願いします。

「2020年こそGDP3%達成できますように」と、身の回りを清浄にしたうえで、調息し、心を統一して易占してみました。易は四書五経の内の「易経」に当たり、古代中国の治世奥義の一つです。現代では「占い」は庶民の遊びのように思われていますが、古代においては為政者しかできない奥義だったのです。

「古事記」では、アマテラスがスサノオの粗暴さに恐怖して天の岩戸に隠れてしまい、天地が暗黒に堕ちた時、神々の知恵袋であるオモイカネが妙案を提案します。その妙案が正しいかどうかを鹿の肩骨を焼いて太占(ふとまに)をする場面があります。この神話の世界の出来事を我が国は今も皇室行事で行っています。
天武天皇の時代から行われている皇位継承の重要儀式の一つで、即位された天皇が一代で一度だけ行う大嘗祭という儀式があり、新米を神々に供え国家・国民のため安寧と五穀豊穣などを祈願されます。その時に使われるコメの産地は「斎田点定(さいでんてんてい) の儀」と呼ばれ、アオウミガメの甲羅を焼いてヒビの割れ方を亀卜という占いで決めるのがそれです。高度に発達した科学技術の世紀に2679年前の儀式が継承されているというのは何とも雅で神秘的で素晴らしい事だと思います。

さて、私が行った「2020年こそGDP3%達成できますように」という易占の結果は、本卦「地沢臨(ちたくりん)」、綜卦「風地観(ふうちかん)」、錯卦「天山遯(てんざんとん)」、互卦「地雷復(ちらいふく)」と出ました。順に見てゆきましょう。どのように解釈するかはみなさんの想像力にお任せします。

本卦は、「地沢臨(ちたくりん)」で「実現する」と出ました。しかも元亨貞利という見事な卦です。「大いに通り、正しければよろし」という意味です。但し、旧暦の8月には凶が現れるとありますので、盆までは良いけれど、盆明け以降は暗雲が漂うという事象です。世界の潮流を見て、流れに逆らわず、柔軟に対応すれば、とんとん拍子で進み至福の時を迎えそうです。それも盆にはピークアウトするので、慎重に、用心深く、気を抜かず、その運気の変化を敏感に察知することが大事だと教えています。

綜卦は、天地を入れ替えた卦をいい、大所高所から見ればどう映るかを見る卦です。「風地観(ふうちかん)」という卦が出ました。
「風地観(ふうちかん)」というのは、天の動き、大所高所の動きは、もうすでにピークアウトし、陽から陰に向かっているという意味です。何かと、落ち着かず不安定になりやすく、しっかりと周囲を観察しないと危険な目に遭います。又、観察は目に見える観察だけでなく、目に見えない心の目で判断することが失敗を予防する事ができるとも言っています。
自信がないなら、不安があるなら、あえて動かない選択肢も賢明かもしれません。情報は錯そうし、入れ代わり立ち代わりに複雑な情報が入るので、冷静に長期的な目で判断し、容易に決断をしない方が安全と言えます。
頑固なこだわりは禁物で、引き際が肝心。潔くきっぱりと身を引くほうが良い結果を産みます。
「行き当たりばっちり」と肚を決めて流れに身を任せることが良い場合も多いそうです。謙虚で礼儀正しく、道理にかなった考え方を持ちなさいという教えです。

錯卦は、本卦は表面的な現象を表したものですが、錯卦はそこに隠されている本心、隠れている本質は何かを見る卦です。「天山遯(てんざんとん)」という卦が出ました。
「天山遯(てんざんとん)」というのは、反対勢力やマイナス気運が勢いを増してきていることを知らせています。また、「遯(とん)」は、隠遁と同様に、逃れるや隠すなどの意味があります。これは、暗雲が立ち込めてくるので、できるだけ早め早めに引き下がりなさいという教えです。しかし、筋を通して、義理を欠かず、謙虚に、正しい行いを全うし、円満に問題解決すれば大丈夫だという暗示もでています。厳しい冬の中にも温かい春の息吹があることを忘れないでゆこうと意味です。

互卦は、隠れている事情や伏せられている情報をみるための卦で、伏在する危機を見ています。「地雷復(ちらいふく)」と出ました。
「地雷復(ちらいふく)」というのは、絶望的な出来事やネガティブな情報ばかりが襲ってきますが、一条の希望の光を発見することができます。この希望の光を注視して、前向きに物事を考え、やる気を大事に育ててゆくのが良いという卦です。
うんざりするような長い忍耐を要する困難を乗り越えて、ようやく自分を取戻し、回復を始めた状態だといえます。明るい変化を予感し、楽しくて何かを始めたくてウズウズします。しかし、そこは忍耐のしどころで、実行するだけのパワーはありません。油断することなく、蓄積に努める事です。
下手な小細工や駆け引きは禁物です。謙虚に、礼儀正しく、冷静に行動しましょう。

変爻は4爻にありましたので、これを見ると「雷沢帰妹(らいたくきまい)」と出ました。これは、後半特に重視しなければなりませんが、周囲の状況や相手の立場を考えず、勝手な思い込みで突っ走ってしまう傾向があることを暗示しています。気持ちが盛り上がっても、すぐに行動に移さないほうが安全と言えます。決められたルールをきちんと守り、思慮深い行動をとることが大切でしょう。また、いつもより意識して空気を読むことが大事なときだと考えられています。

良い年をお迎えくださいませ。 

No.1094 「2020年こそGDP3%達成できますように」の易占結果.pdf

最終更新日 ( 2020/07/17 Friday 16:40:34 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!