トピックス
No.398【口コミが紹介客を増やす】-2006.3.22
更に読む...
 
Home arrow No.380~399 arrow No.1040~1069 arrow No.1069 ≪見えない力を活かす経営≫-2019.6.26
No.1069 ≪見えない力を活かす経営≫-2019.6.26 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2019/06/26 Wednesday 16:45:55 JST

No.1069 ≪見えない力を活かす経営≫-2019.6.26 目加田博史

 

晴れ渡った心地よいある日ある時、あなたの回りをそよ風がさっと吹きました。あなたは何を感じますか? 
「気持ちいいな」「あれ、なんだろう?」「うん、間違いない。きっとうまくゆく」又は何も思わない。
どれもあなたの心象風景ですね。森羅万象を自分の心境と関連付けて何かを感じるか、普通の自然現象ととらえるか。

あなたは神や仏を信じますか? あの世を信じますか? ご先祖が応援してくれているのを感じますか? 定期的に墓参りはしますか? お地蔵さんがあれば立ち止まって手を合わせますか? 運やツキは本当にあると思いますか? 何かあった時偶然と思いますか必然と思いますか? 類は友を呼ぶと言いますが本当だと思いますか? 人のオーラは見えますか? 病は気からと言われますが信じますか? お金は天下の回りものだと思いますか? 逆境はチャンスの裏返しと思いますか? 直観力は強い方ですか? 鈍感な方ですか? 初めて訪れた土地の分かれ道で右に行くか左に行くかどう判断しますか? マスコミ報道は真実だと思いますか? フェイクだと思いますか? 

20年以上前の事ですが、長崎県佐世保市の川滝駅前にある「アンデルセン」という不思議な喫茶店に行きました。食事の後のショータイムに超能力者のマスターがいろんなマジックを見せてくれました。手品やマジックというにはあり得ない出来事が次々と目の前で起きているのですから。
知人の鉄工所を経営しているある社長が、工場の巨大な万力を使っても曲げられなかった直径数センチはあろうかという丸棒鋼を持参して、「あなたがこれを曲げられたら、あなたの力を信じる」と言って渡すと、いとも簡単にぐにゃっと曲げてしまいました。

あなたはどう思いますか? この社長とマスターは友人で、社長はサクラに過ぎないのだ。いやいや、マスターは超能力者だ、いやマスターのカウンターに仕掛けがあって別のものと取換えているんだ。

私には真実はわかりませんし、知人の社長がそれほどのクワセモノとも思いません。カウンターに小細工を労すればいずれどこかでぼろが出ます。いまだに、この「アンデルセン」は連日満員で盛況だとか。

錯覚も含めて「見えるもの」しか信じない。証明できないものしか信じない人は経営者には向きません。
会社経営をしていると「登り坂、下り坂、まさか」があります。逃げ場のない苦境、絶体絶命の窮地に追い込まれることがあります。理屈で考えれば、倒産、破たんしかありません。しかし、経営者が逃げずに歯を食いしばって前を向いて歩いていると、不思議なことが沢山起きます。入る当てのない未収金が振り込まれて来たり、まったく見知らぬところから注文が入ったり、辞めた社員が戻ってきたり、開発した商品がヒットしたり。
あり得ないことが沢山起きるのです。本当に不思議です。
論理的に物を考える人は、絶体絶命の場に直面すると、どう行動するでしょうか? 再生手続きに入るか自己破産手続きを取るかもしれません。しかし、今までお世話になった人に迷惑をかけるのは忍びない、死んでも死にきれないと前に進む人には不思議な現象が起きるのです。その時、人の真心を痛感し、感謝でむせぶのです。
逆境は自分の心の持ち方次第で変化することを実感することができるのです。人の恩、先祖の恩、天の恩に感謝できるのです。見えないものを信じる力を持っている人ほど、真実に見抜くのです。

あなたは「光」を見ることができますか? 「光」は「影」があることで見ることができます。「影」は「光」によって存在することができます。「光」と「影」はコインの裏表のごとく、密接不可分で本質は一つです。
光だけが存在している場では、光そのものを認識できないし、方向も強さも感じることができないそうです。影があることで、様々な変化や造形を創りだし、感動し、成長することができるのです。

同じように、人の「長所」は「短所」によって特徴づけられ、「短所」は見方によっては「長所」以上の得難いものになります。長所と短所が一人ひとりの個性を輝かせ、無限の可能性をもたらしてくれます。地球上に暮らす70億人以上の人々の全てが一人ひとり違うDNAをもち、価値観をもち、個性を持っています。その個性の組み合わせが組織や企業を発展させますし、衰退もさせます。同じ波長の人を周囲に集めれば、組織経営は楽ですが発展は阻害されます。異質な個性を集めればそれを調和させて共鳴させる度量を持ったリーダーが必要になります。何が良くて何が悪いかではなく、どのようにありたいかが重要な志になってきます。

「人間(じんかん)万事塞翁が馬」(出所:『淮南子』人間訓)という中国のことわざも、表面的、近視眼的にとらえると物事の本質を誤ることを教えています。一時の災いを嘆いて、長い目で見た幸福を失うことはいかに愚かなことか、このことわざを知ることによってわかります。同じような意味で、「禍福はあざなえる縄のごとし」というたとえも同様です。

会社を経営するということは、ヒト・モノ・カネのバランス、お客様・社員・仕入先のバランス、短期・中期・長期のバランス、ベテラン・中堅・新人のバランス、大きなマーケット・ニッチマーケットのバランスを取らねばなりません。円安が順風の会社もあれば逆風の会社もあります。一時の現象を表面的、近視眼的にとらえて経営判断すると、長い目で見たときに致命的な禍根を残すことにもなりかねません。
見えないものを大切にして、経営に生かしてゆきましょう。

No.1069 見えない力を活かす経営.pdf 

最終更新日 ( 2019/07/05 Friday 17:18:18 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!