トピックス
No.390【人は能力が及ばなくなると「逃げる」「言い訳」をする】-2005.1.25
更に読む...
 
Home arrow No.380~399 arrow No.1040~1069 arrow No.1065 ≪人は完ぺきなスーパーコンピュータだ≫-2019.5.30
No.1065 ≪人は完ぺきなスーパーコンピュータだ≫-2019.5.30 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2019/05/30 Thursday 14:40:34 JST

No.1065 ≪人は完ぺきなスーパーコンピュータだ≫-2019.5.30 目加田博史

 

顕在意識と潜在意識の比率は2:98だといわれます。自他ともに認識している意識が顕在意識で、まだ顕在化していない意識が潜在意識です。そしてこの潜在意識こそが人間をして万物の霊長、完璧な無限の万能の存在にしている素です。まさに想像を絶する完璧なスーパーコンピュータです。
身についている習慣や技術や知識や経験や判断を総動員して、「できること」はすべて顕在意識の領域です。例えば、一流スポーツ選手が身につけている超絶技は顕在意識ですが、その超絶技をここぞという本番で発揮し偉業を成し遂げるのは潜在意識のなせる業です。持っているものを活かせればたいていの事ができます。しかし、そうならないのが人間の本質です。ここぞという場面で持っているものを最高に発揮できるように導くのがリーダーです。会社であれば社長です。

「火事場の馬鹿力」という言葉があります。誰もがもっている馬鹿力は、普段は出せません。なぜでしょうか?「何とかしなければ」と身の危険を顧みることなく、無心に行動するので成し遂げられる力です。そこには「もしできなければどうしよう」「失敗しないだろうか」「こんなのできるわけが無い」とネガティブな思いを持っておればできません。計算も打算も身の危険も一切構わず夢中で無心で行動する。すると潜在意識が働き、目に見えない力の存在やご加護があり、うまくゆくのです。

潜在意識は訓練によって活かせることがわかっています。「できる」「できる」「できる」というポジティヴな信じる力、祈る力を磨くことです。自分自身をだますのです。例えば、私の訓練方法は、渋滞で約束の時間に間に合わない時、信号機に「青になれ!」「青になった!」と念じるのです。天が納得するぐらい強い祈りであれば見事にずーっと「青」になり、時間に間に合います。また、急に空模様が怪しくなり、ポツリポツリと雨が降ってきたとき、傘の持ち合わせがない時は、「駅に着くまで降るな!」「ありがとう!」と祈ります。不思議なことに駅までなんとかたどり着けます。天が助けてくれるのです。最も、遅刻しないように早く段取りすれば良いことですし、いつも傘の準備をしておけばよいことですが、初歩的な潜在意識の訓練として時々やっています。
会社経営では、社員の思いと行動の総和が業績です。社員の思いと行動がポジティヴな思考で潜在意識を活用できるならば、「火事場の馬鹿力」のような現象が生まれます。社長はいかに社員の馬鹿力を引き出すかが鍵になります。

その有効な方法が、25年ライフプラン「夢物語」の作成です。十人十色と言われるように、人それぞれ夢がちがいます。25年後の夢を、仕事、家庭、仲間、財産に分けて描いてゆくのです。
25年後には「家族全員で世界一周旅行をしたい」とゴール設定したAさんは、必要なお金を計算して、いつまでにどれぐらい貯めるかを計画し、そのためには、仕事をどのようにクリエイトするか計画しました、必要な資格をいつまでにとるか、信者となっていただけるお客様を何人つくるか、自分をいかに磨き成長させるか、いつまでに部門長になり、役員になり、トップになるかを計画しました。そして、それを奥様に見せました。奥様はAさんがこんなにも家族を大切に考えてくれていたことに感動し、その夢を共有することに賛同し、新たな計画をくわえてゆきました。

今の仕事と今の会社と今の自分と家庭がつながり、どのような未来を作ってゆくかが決まったのです。過去・現在・未来というタテの糸と、自分を中心に家族・仕事・会社・仲間・財産というヨコ糸がしっかりと結ばれてゆるぎないものになってゆきました。そうすると、生活のために働く場が会社だったのが、自分の夢を実現するパートナーとしての会社に変わったのです。いままで上の人が決めれば良いと思っていた方針も、自分なりの考えを伝えるようになりました。「やらされている」という感覚が消えて、「やりたい」「面白い」という感覚が芽生えてきました。早く会社に行きたくて、足取りも軽く、気分も爽快です。自発的に前向きにかかわることで仕事に追いかけられる事が無くなり、時間がコントロールできるようになりました。仕事は楽しくて仕方がありません。たとえ、うまくゆかないことがあっても気持ちの余裕ができて、結果的にうまくゆくようになりました。

仕事と家庭の共通の目標ができたことで、会社と自分はパートナー関係になり、スムーズに物事が進むようになりました。もちろん、良い事ばかりではありませんが、難題や苦境を乗り越えてゆく自信が生まれ、今までとは違った仕事の仕方に変わっているのに気づきました。

Aさんが変えたのは、25年後の目標を持つと決めたこと、それを奥様に伝え同意を求めたことです。
後は、潜在意識の仕事によって、ご先祖さまや天の神々も応援していただき、人生が好転していったのです。社員の人生が好転すると、会社はもっと好転してゆきます。

誰もが持っている無限の万能機械を活かした経営をしませんか?

最終更新日 ( 2019/06/05 Wednesday 14:25:42 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!