トピックス
No.381【「人はコストではなく資源だ」】-2005.11.16
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.1040~1069 arrow No.1050 ≪2月の沖縄は大混雑≫-2019.2.6
No.1050 ≪2月の沖縄は大混雑≫-2019.2.6 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2019/02/06 Wednesday 16:53:46 JST

No.1050 ≪2月の沖縄は大混雑≫-2019.2.6 目加田博史

 

沖縄に初めて上陸して、1月22日で満31年がたちました。人生の約半分を沖縄で過ごしたことになります。
すっかり体質に合って心地よいせいか、長居をしています。
海に囲まれた沖縄は、日本の漁港町と同様、月の引力と潮の干満を中心とした旧暦の方が季節を感じやすいです。沖縄では普段から、新暦と旧暦を併用し、行政は太陽暦、生活は旧暦を使っています。昨日(2019年2月5日)は旧暦の正月に当たり、沖縄ではお祝いをします。そして、あの世の正月を「十六日祭」(じゅうるくにちーと発音するようです)といって、お墓でお祭りをします。今年は2月20日(水)になります。かっては、墓地に向かう道路は大変な渋滞でしたが、今では道路整備が進んだこともあり、それほど混みません。石垣島では、「十六日祭」を旧正月より盛大に祝うと聞きます。その時の石垣島の道路の渋滞がすごかったのを覚えています。

旧正月を中国では「春節」といい、前後の1週間は仕事になりません。中国では最大のイベントで民族大移動となります。また、「春節」に海外旅行するのは、中国人にとって、いつかはかなえたい憧れで、飛行機の予約は1年前からしないと取れないとか。報道では、約700万人の中国人が海外旅行を楽しみ、その渡航先は1位がタイ、2位が日本、3位がインドネシアで、アジアが中心になるそうです。
旧正月を祝う国は中国だけでなく、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、モンゴル等がありますが、人口では約20億人が対象となります。そのうちの0.01%の人が来沖するだけで200万人になる勘定です。クルーズ船による寄港も激増しており、2019年は719回の予定があり、約130万人が海路から渡航する予定です。ここ10年で7倍の伸びになっています。

プロ野球の春季キャンプは12球団中9球団が沖縄で行われ、球団により日程は異なりますが、多くは2月1日~1か月続きます。ほとんどが宮崎や土佐だったのが、なぜ沖縄になったのか。私の知っている話では、知人の宮古島の女性社長が、長嶋監督時代に、沖縄を盛り上げたいと直談判したところ、長嶋監督が意気に感じてその場で快諾して下さったそうです。そして、義理堅い長嶋監督は、従来から世話になっていた宮崎キャンプを半分にして、後半を沖縄に移動してキャンプをしたのが始まりだと聞いています。プロ野球の沖縄キャンプは、報道陣やファンの来沖もあり、ほとんど2月はホテルが取れない状況が続きます。

沖縄はホテルのオープンラッシュが続いています。2018年だけで17棟のホテルが誕生し、森トラスト経営のマリオットホテルや日本初進出のモルガンスタンレー系のノボテルホテル、瀬良垣にあるハイアットリージェンシー、北谷のダブルツリー・ヒルトン等の大型高級リゾートもあります。2019年にオープン予定のホテルには、三井不動産が満を持してハワイのハレクラニホテルを開業し、三菱地所は下地島旅客ターミナルホテル(仮称)も開業予定です。世界のホテルブランドのほとんどが出そろい、日本の大手デベロッパーもほとんど出そろいました。また大手不動産会社もほとんど沖縄に進出しており、沖縄は、海洋博バブル、平成バブル、そして今回で、三度目のバブルに沸いています。不動産が動くということは、設計事務所が動き、設計事務所が動けば、ゼネコンが動き、ゼネコンが動けば、あらゆるサービス産業が連動して動きます。

私が、沖縄に上陸して以来、沖縄は目覚ましい発展を遂げてきました。
当時の那覇空港は、場末のローカル空港といった面持ちでしたが、いまは、立派なターミナルになっています。発着回数も当時は約8.4万回でしたが、今は約17万回と倍増し、全国2位だとか。自衛隊と海上保安庁との寄合空港ということもあり、那覇空港の上空待機時間も長くなっています。これに隣国機へのスクランブル発進があった時はもっと時間がかかります。
2020年には那覇空港の第二滑走路がオープンし、多少緩和されるでしょうが、それを上回る発着があると予想されていますので、さらに活況を呈することでしょう。
たとえ、沖縄経済が絶好調となっても、海洋博バブルの苦い経験があるので、地元企業は体力と身の丈に応じた慎重な経営を持続しています。しかし、中には、熱気にあおられて、我を忘れる会社が出てくるかもしれません。地元で10億円はとてつもなく大きな金額ですが、世界企業にとっては微差程度の金額です。うまい話に注意しなければならないのが、今の沖縄の経済環境です。

かって、本土復帰後の経済の起爆剤を目論み、1975年~始まった海洋博は、高級リゾートホテル、高級マンションの建設ラッシュで、人件費も資材もなにもかも高騰し、やっと開業した海洋博は、目標の75%と未達で、450万人と見込んだ観光客は345万人と100万人不足し、事業を目論んだ企業は軒並み倒産し、沖縄経済は一気に冬の時代に入りました。今上天皇皇后両陛下が皇太子時代に、海洋博に出席されるため来沖され、ひめゆりの塔を訪れられた時に、過激派による火炎瓶投擲事件もこの時に起きています。
平成バブルは、海洋博バブルで瀕死の重傷となった経験が幸いし、ブームに踊ることなく身の丈の応じた堅実経営を行ったこともあり、ほとんど被害はありませんでした。ところが、今回のバブルは、その頃の経営者が一線を引き、当時の悲惨な状況を知識でしか知らない後継者になっているため、用心しなければなりません。
旧正月の沖縄の今をお伝えしました。

最終更新日 ( 2019/02/13 Wednesday 16:12:37 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!