トピックス
No.381【「人はコストではなく資源だ」】-2005.11.16
更に読む...
 
Home arrow No.380~399 arrow No.1040~1069 arrow No.1041 ≪経営者はアーチストたれ。「二人展」始めます≫-2018.11.28
No.1041 ≪経営者はアーチストたれ。「二人展」始めます≫-2018.11.28 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2018/11/28 Wednesday 17:13:23 JST

No.1041 ≪経営者はアーチストたれ。「二人展」始めます≫-2018.11.28 目加田博史

 

経営はアートです。アートの本質は感性の表現です。感性とはよりよい時代に向かう決意です。経営者はアートを具現化するアーチストでなければ務まりません。アーチストは、手仕事職人に近く、芸術家に遠い存在です。例えば、デパート等で販売されている革製の財布は誰がつくったかわかりません。おそらくメーカーのどこかの国のどこかの工場の工程ごとの担当者が図面に基づき作りこみをしているのでしょう。ではルイヴィトンの財布は、工房の職人Aさんが作っています。おそらく番号から名前を特定することができるはずです。でも、デザインは別の人です。芸術家となるとパブロ・ピカソとか小磯良平とか岡本太郎とか、一人で企画から設計・デザイン・制作・設置まですべてが「作品」とよばれる連続した作業になります。他の人は手伝うことはできても「作品」に加わることはありません。

経営は、芸術家のように一品ものでは困りますし、その人でないとだめだとなると、一代限りで終わり、永続できません。これでは社員は路頭に迷ってしまいます。
職人は、先代や先祖のデザインや型紙を利用して、それを手仕事で同じ品質のものに仕上げてゆきます。代が変わってもデザインは消えません。当代が時代に合ったデザインや仕様を工夫し、開発してゆけば、次の世代につなぐことができます。つまり、経営は、分業の権化なのです。考え方や仕様は一子相伝又は口伝でも構いませんが、生産過程では分業しながら、量産できなければ会社ではなくなってしまいます。
「経営者はアーチストたれ」というのは、より良い時代に向かうために人々がうまく表現できないものをくみ取って形にしてゆく力が必要です。自分でその才能が無くても、その才能を持った人をその気にさせる能力が必要です。そして、自分の感性を研ぎ澄ませて、半歩先のデザインや仕様にしてゆくことです。
しかし、その感性は、おそらく、10年と持たないほどはかないものになることが多いでしょう。うまくすれば、100年、200年と人々の感性や価値観そのものを変えてゆくものが生まれる場合もあります。

例えば、スティーブ・ジョブスは狂気の経営者でした。天才ウォズニアックと一緒に、世界で最初の一体型パソコン「マッキントッシュ」を作った時は、しばらくシャワーも浴びていない体に、汚れたジーパンをはいて、裸足といういでたちで販売に行きました。靴を買えなかったのではなく、はかなかっただけです。今のスマホにつながるiphoneを作った時は、スイッチを消してしまいました。スイッチの無い電化製品を想像すらできなかったデザイナーのジョニー・アイブはジョブスと喧々諤々の議論を重ねた末に、指で表面をスライドすることでスイッチを入れる方式にたどり着いたのです。今ではだれもが当たり前に使っているテクノロジーデザインは、アーティスト経営者がいなければ現実化していないのです。

アートは自然と一体化すること、さらに言えば、宇宙と一体化する事。つまり、内なる宇宙である自分自身と一体化することがとても重要で、瞑想する、坐禅する、静坐する、内観することで、あるがままの自然と溶け込むことなのです。人間の持っている能力は、アインシュタインのような天才と呼ばれる人々でさえ、潜在意識が顕在化しているのは15%程度と言われています。一体誰がどのようにして測ったのかはわかりませんが。
私のような凡人のほとんどは、持っている能力さえ知らずに死んでゆくのが実態です。しかし、瞑想や坐禅、内観によって潜在意識を開発し、顕在化できることがわかっています。
経営者は、静かな大自然の中で、瞑想を通じて、自分自身との対話を試みてはいかがでしょうか?

私の場合は、下手の横好きで、10年ほど前から絵を描いています。学生時代は、最低でも50号サイズ、通常は120号(たたみ一畳の大きさ)か、240号(2畳の大きさ)を油絵で描いていました。さすがに部屋に入りきらないので、今は6号~50号サイズが中心です。制作しても発表しないと、深くもうまくもならないので、10年ほど前から定期的に大阪で展覧会を開いています。また、5年前から、沖縄でも展覧会を開いて、批評していただいています。
今年は12月4日(火)~8日(土)の5日間、10:00~18:00で、当社の事務所で、建築家の国吉真正氏と「二人展」を開きます。ご都合がつけば、お立ち寄りいただき、批評してください。

私の絵は、気に入った写真に、直接絵の具を載せて描いてゆくやり方をしています。画家の方からも写真家の方からも邪道でまがい物と言われるかもしれませんが、凡人の一般人からは、喜ばれます。このやり方だと、誰でも、プロ並みの絵を、簡単に早く制作できます。描く時間が大自然との対話の時間です。光と影の美しさと、そこの宿る妖精の姿までも見ることができます。

最終更新日 ( 2018/12/05 Wednesday 10:48:58 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!