トピックス

No.396【お客様は常に正しい】-2006.3.8

更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.1010~1039 arrow No.1028 ≪白い犬に導かれて≫-2018.8.29
No.1028 ≪白い犬に導かれて≫-2018.8.29 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2018/08/29 Wednesday 13:03:24 JST

No.1028 ≪白い犬に導かれて≫-2018.8.29 目加田博史

 

もう、35年以上前の出来事ですが、今でも鮮明に覚えていることがあります。
京都の洛西ニュータウンに住んでいたころ、近くに大原野神社という由緒ある神社があります。784年の創建で、桓武天皇が長岡京遷都に伴い、奈良の春日大社の神々を祀られたので「京春日」と呼ばれています。
あるきっかけで、経営コンサルタントになりたくて、ご縁をいただいた兵庫県加西市のM社長に相談したところ、「天に近い所に上って祈ると叶うかもしれない。京都だったら、鞍馬山が一番高いから鞍馬寺に月参りしたらどうか」と勧められ、さっそく実行しました。鞍馬山(584m)鞍馬寺に、家族で月参りして、1年後、経営コンサルタント会社に入社することができました。思いが天に伝わったのでしょう。

早速、アドバイスいただいたM社長に報告に行きました。「それは良かった。今度は御礼参りに、ほかの山々にも参りなさい」とアドバイスをいただき、比叡山(848m)延暦寺と、洛西ニュータウン近くの小塩山(646m)大原野神社にも参詣したのです。
出来事は大原野神社に参った時に起きました。午後3時ごろ、車を神社の駐車場に止めて、本殿に続く一本道の参道を歩いてゆきました。ふと気が付くと、森の中におり、前を歩いていた参拝者が誰もいません。「あれっ、おかしいな」と思いましたが、どこか寄り道しておられるのだろうと思い、本殿を目指して歩いてゆきました。行けども、行けども山道ばかりです。次第にうっそうと茂った杉林の中に入り込み、道は笹でかき消されています。さすがに、これはおかしいと思い、周囲を見渡すと、皆同じ景色に見えます。夕暮れが近いのか、杉木立からかすかに見える空も暗く、雨も降り出しました。

迷ってしまいました。果たして、どちらに進めばよいのか思案していると、向こうから白い犬がやってきました。息子はまだ小さく2歳になっていません。雨が降り、夕闇迫る山中で野犬に会ったのです。恐怖で背筋がゾクゾクと来ました。息子は、嬉しいのか、にこにこしながら、白い犬を指さしながら「ワンワン、わんわん」と呼んでいます。私は、危ないと思い、息子を抱きかかえて、身構えました。
すると、白い犬は、くるっと来た道を戻ってゆきます。しばらくすると、こちらを振り返り、じっと見つめています。まるで、私達を試すように。それでもじっとしている私たちを見て、また前に少し進んで、こちらを振り返ります。抱いた息子は気持ちよさそうに眠ってしまいました。

「もしかして、導いてくれているのかも」と妻が言うので、白い犬の後をついてゆくことにしました。白い犬は、私達の歩調に合わせて、しばらく進んでは振り返り、また進みます。そうこうしている間に、うっそうと茂った杉林が途切れ、森から抜け出すことができました。貯め池があり、田んぼの畔に沿って歩いていると、前の方から、車の音が聞こえます。道路に出たようです。
「助かった」と思い、白い犬を見ると、白い犬はいつの間にか消えていなくなっていました。
すると、息子が目をさましました。
車の音がする方に歩いてゆくと民家があり、そこにおられた方に「大原野神社の駐車場に戻りたいのですが、どちらに行けばよいのでしょうか」と聞くと、「この道をずっとまっすぐ行けば大原野神社の表参道の駐車場があるけど、相当距離があるよ。子供さんもいるんだったら、バスで行った方がよい。しかし、あなた方はどこから来たの」と変な顔をされました。
「道に迷いました」とは恥ずかしくて言えなかったので、笑ってごまかしました。

自分たちが迷った場所を知りたくて、小雨降る中を、歩いて表参道の駐車場に戻りました。本殿がある北に向かって歩いていたのに、500m近く離れた東側の道路に出たのです。大原野神社の神域は約83000㎡ありますが、そのほとんどは森林です。いまだに、その場所にいた理由がわかりません。
昨年、理由を知りたくて同じルートを辿りました。迷った場所はわかりましたが、2歳未満の子供の足で行くには、山道を1時間近くかからないとたどり着かないような場所でした。当時、そのような道をたどった記憶がまったくありません。

その後、30年間の間に、大原野神社の祖神である春日大社とのご縁ができ、古い先祖も同じ春日神社を氏神としていたことがわかり交流を深めることができました。鞍馬山への月参りと願懸け、それが叶った御礼参りで伺った大原野神社での不思議な出来事。そこから始まる、神々の物語とのご縁。

この世には理屈で理解できないことが沢山あります。にっちもさっちも行かない窮境に追い込まれることもあります。しかし、その時、必ず、手を差し伸べてくれる人や導いてくれる人が現れます。邪心を取り除き、欲を遠ざけ、焦点を明確にし、直感で判断することが大切だと思います。そして、見えないものへの怖れと畏敬を忘れず、御礼参りを欠かさないことだと思っています。

 No.1028 白い犬に導かれて.pdf

 

最終更新日 ( 2018/09/05 Wednesday 16:23:59 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418