トピックス
No.405【会社の元気は社員のやる気づくりから】-2006.5.10
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.0350~0379 arrow No.374【自分の会社を格付けする】-2005.9.28
No.374【自分の会社を格付けする】-2005.9.28 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2006/06/06 Tuesday 10:38:59 JST
No.374【自分の会社を格付けする】-2005.9.28


26歳青年代議士誕生
2005年9月11日の衆議院選挙で杉村太蔵さんという26歳の青年が代議士になった。

人材派遣会社から派遣された証券会社で契約社員になってまもなくという今風の経歴で、自民党の立候補者公募に応募して比例35位に掲載されたそうだ。詳しくは下記ブログを参照してください。http://sugimurataizo.net/2005/09/post_15.html
「面白いキャラクターだな!」と感心しました。
素人が国会という特権階級に仲間入りして、びっくりしたことを、蒼蒼たるメンバーを前にして全くあがることなく、正直にアナウンスしてくれる。
2000年に25歳という史上最年少で社民党の神奈川県の比例区で当選した原陽子さんという女性がいた。その後の総選挙で落選し、いまは社会福祉士として働いているようだが、彼女に継ぐ若い代議士の誕生である。しかも、圧勝した自民党の代議士として当選したのだから、これからが楽しみです。
また、圧倒的多数という強力な武器を手にした自民党一党支配の日本丸はこれからどこに向かうのか、注意深く見てゆきたいと思います。

自分の会社を格付する

取引先の与信調査を行うときに、東京商工リサーチや帝国データバンクという信用調査会社が調査結果報告書を出すときに点数で表示してくれます。財務状況だけでなく、株主構成や会社設立のいきさつから営業種目、仕入先構成、社長の性格に至るまで事細かにレポートしてくれます。
50点以上ならまず大丈夫とか、40点以下なら条件付で取引するとか基準をもっておられると思います。
では自社はどのように見られているのでしょうか。
そこで役立つのが、金融庁の格付マニュアルの考え方です。金融機関がどのようなランクに見ているのか。何を重点的に見ているのかがよく分かります。
自分の会社の格付け位置を把握しておくことはとても重要なことです。そして、何をどのように変えれば、どれぐらいのランキングになるかを知っておくことは決してムダではありません。一度採点してください。金融機関の格付けは次の2段階200点満点で何点かによってランクが決まります。

数字で定量評価する部分
121
内容で定性評価する部分
79

定量評価項目は次の13項目 121点満点です。
374.gif

定性部分は次の11項目で79点満点です。
市場動向(10)、景気感応度(3点)、市場規模(4点)、競合状態(7点)、業暦(5)、経営者・経営方針(10)5)5)株主(、従業員のモラル(3点)、営業基盤(10)、競争力(7点)、シェア(7点)
あなたの会社は何点か
これらを評価した点数が次の表のどのランクに入っているかによって金融機関の態度や行動が予測できるわけです。当然、得意先も同様に評価していると見て間違いありません。
ちなみに、目加田経営事務所は創業以来、規模が小さいこともあり、銀行取引、すなわち、借入がありません。
当社の財務状況を右の基準に当てはめると、以下の通りで、200点満点で132点(B+)となります。
だからといってよい条件で取引ができるとは限りませんが、ひとつの目安になるでしょう。

項     目
基準
M2O
数字で定量評価する部分
121
88点
内容で定性評価する部分
79
44点

点数を上げるにはどうするか

自己資本の額や売上高、キャッシュフロー額は中小企業がいくらがんばっても、10点上げることはできません。
例えば、自己資本は5億円未満で1点、10億円で2点、30億円で3点です。売上高にいたっては、100億円未満は0点、500億円未満で1点です。キャッシュフローも赤字は0点ですが、次は10億円未満の黒字でも1点に過ぎません。
つまり、中小企業が点数を上げるには、比率で評価される指標を中心に改善する事が重要なのです。
例えば、総資本が30億円、自己資本が5億円、銀行借入が短期5億円、長期5億円、社長個人からの借入金が1億円、固定資産が10億円の会社があったとします。
これを、社長からの借入金を増資として自己資本に組み込むことによって、9点増加しランクアップの可能性がでてきます。
自己資本比率 17%(1点)⇒20%(3点)
ギヤリング比率 220%(2点)⇒167%(4点)
固定長期適合率 100%(0点)⇒90%(1点)
流動比率 100%(0点)⇒105%(1点)
債務償還年数 5.5年(11点)⇒5年(14点)

3742.gif

格付けを使って、前向きに会社の改善を進めてゆくことをお勧めします。

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!