トピックス
No.398【口コミが紹介客を増やす】-2006.3.22
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.920~949 arrow No.940 ≪世界が変わる≫-2016.11.24
No.940 ≪世界が変わる≫-2016.11.24 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2016/11/24 Thursday 15:01:10 JST

No.940 ≪世界が変わる≫-2016.11.24 目加田博史

 

2016年11月23日に、トランプ次期大統領は「来年1月20日の大統領就任初日にTPPを脱退する」と表明し、これを受けてオバマ政権は正式にTPP法案の議会での批准を断念しました。TPPは完全に葬られました。国益優先で強引な通商交渉をしてきたアメリカが、国益のために主役の座から降りてしまったのです。何年もかけて困難な計画をクリアしたショーは合意成立後に中止になってしまいました。
納得できないのは、アメリカの強引な交渉に対抗しながらも国内の反対勢力をまとめてきた加盟国の首脳で、煮え湯を飲まされた上に、「それみたことか」と面目が立ちません。しかし、ここは、気持ちを切り替えて、次の動きをせざるを得ないでしょう。さて、次はどうなるか?

ところで、世界の覇権国はどのような変遷をしているのでしょうか? 覇権国は、オールマイティで、どんなことでも意のままになるすごいパワーです。
ローマ帝国の滅亡後、めきめきと力をつけてきたのは、シーザーの末裔といわれるハプスブルク家のスペインでした。ポルトガルと世界を二分することを勝手に決めて、地球の西側(大西洋側)から半分を支配する権利を主唱しました。海軍力を充実させたスペインは積極的に大航海を推進し、コロンブスのアメリカ大陸発見を機に、南北アメリカ大陸を侵略し、少なくともマヤ文明、アステカ文明、インカ文明の3つの文明を滅ぼし、植民地化し、巨大な富を手にしました。北アメリカも西海岸側から半分を支配しました。
敬虔なカソリック教徒のフェリペ2世率いる無敵艦隊は、フェリペ2世の妻で王妃メアリーの国イギリスを侵略しました。理由は、イギリスはメアリーの義妹で、プロテスタント信者のエリザベスが力をつけていたからです。無敵艦隊と呼ばれた強力な制海権を生かして、イギリスを侵略しますが、1588年アルマダの海戦で負けて、これを機に国力は衰退してしまいました。1273年の神聖ローマ帝国から見れば、300年続いたことになります。

次に世界の覇権を握ったのは、スペインの植民地だったオランダです。オランダは1596年に独立し、太平洋、アジアに進出し、東インド会社を設立して、巨大な富を手に入れました。アジアはポルトガルが勢力を伸ばしていましたが、オランダの勢力が勝っており、中東、インド、極東に勢力を伸ばして覇権を確実なものとしました。長崎に出島ができたのもこのころです。しかし、ナポレオンの登場によりフランスの支配下に置かれ、衰退しながら、挙句の果てには崩壊しました。1811年、巨万の富を生み出していた東インド会社はイギリスに占領され、世界でオランダ国旗を掲揚できるのは長崎の出島とアフリカのエルミナ要塞のみとなり、事実上破たんしてしまいました。シーボルトが日本から出国したのもこのころ(1828年)です。オランダの覇権期間は1596年~1820年ごろの約200年。

戦争に次ぐ戦争で疲弊していたヨーロッパ大陸の中で、いち早く産業革命を起こして、近代化・工業化を進めたイギリスが海軍力を身に着けてきます。石炭から蒸気機関、そして石油へと、海軍力の強大化で、覇権国になります。すでに、世界中に多くの植民地を持ち、大英帝国を構成していましたが、オランダの衰退に伴って世界の覇権国になりました。そのイギリスが、その座をアメリカに譲り渡すのが、ヨーロッパが激戦地となり、多くの犠牲者を出し、経済が疲弊した1914年に勃発した第一次世界大戦です。覇権国イギリスは、ドイツに勝利したとはいえ、賠償能力のないドイツから賠償金を取ることができず、アメリカの金融力で救われたのです。
イギリスの覇権期間は1815年のワーテルローの戦いから約100年といえます。

イギリスの衰退に伴い、結果的に世界の覇権国になったのが、アメリカです。
アメリカは、戦勝国イギリスとフランスに巨額の復興資金を融資しました。その融資金の回収はドイツの賠償金としたのです。そのために、ドイツのあらゆる産業に投資し、復興を成し遂げることによって、イギリスとフランスに支払うべき賠償金を回収し、巨額の利益を得たのです。第一次世界大戦で、戦場とならなかったアメリカは、ヨーロッパの列強国に恩を売りながら、経済的にも、軍事的にも、世界の覇権国になりました。

今、そのアメリカが、今まで以上の覇権国になろうとしているのか、降りようとしているのか、まだ何とも分かりませんが、覇権国の推移をみると、アメリカの覇権期間は、第一次世界大戦から見れば100年、第二次世界大戦から見れば70年ですから、それほど長くは続かないのが歴史の常識かなと思います。

では日本はどうするか、中小企業はどうするか?迷った時は歴史に学ぶことがとても大切です。

最終更新日 ( 2016/11/24 Thursday 15:01:37 JST )
 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418