トピックス
No.390【人は能力が及ばなくなると「逃げる」「言い訳」をする】-2005.1.25
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.890~919 arrow No.900 ≪時代の本質を洞察する≫-2016.1.27
No.900 ≪時代の本質を洞察する≫-2016.1.27 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2016/01/27 Wednesday 15:38:38 JST

No.900 ≪時代の本質を洞察する≫-2016.1.27 目加田博史

 

今の時代は、一体どのような時代でしょうか? 人類が誕生して200万年。現代人の姿になって25万年。日本人が誕生して17000年。その後狩猟時代を経て、6000年間の農耕型定住時代を経て、産業革命による工業化社会になって150年、今は情報化社会です。日進月歩が秒進分歩と言われてもう30年近く過ぎ、年々目まぐるしくなり、しかも、全てがネットワークでつながれています。

1.昔の軍隊は陸軍が中心でしたが、中世の大航海時代に入り海軍が中心になり、その海軍も産業革命とともに手漕ぎから石炭エンジン、石油エンジン、原子力エンジンに変化しました。今は空軍、宇宙軍の時代です。

2.経済も物々交換から貨幣経済へ、さらにデータ経済に移行し、今ではデリバティブのように実体経済とバーチャル経済が密接不可分になっています。まるで映画「マトリックス」のようにどちらが本物かわからなくなっているのです。

3.さらに医療ではクローン技術と再生医療技術の発達で、オリジナルは何なのか分からなくなっています。

4.AI(人工知能)の発達でロボットがヒューマノイド化し、人間なのかロボットなのか、外見だけでは判然としない時代はすぐそこまで来ています。近未来ではロボットも感情を持つことが予見されています。

5.今や皆がネットを通じて情報発信者になっています。個人情報を含む、あらゆるデータがいたるところで収集され、分析され、行動はすべて防犯カメラでモニターされ、画像解析技術が進歩して、世界中の人ごみの中で個人を特定できるのは映画の中だけではなくなっています。

テクノロジーは限りなく進歩し、活かし方によっては便利で、豊かで、明るい幸せな社会も創造しますが、同時に不安と恐怖の住みにくい社会も創造します。
目に見えないネット社会の中でありとあらゆる情報に振り回されながら、精神を病むまで歩みを止めることを許されない時代に入っています。「人間性」がどんどんなくなってきています。より人間らしい生き方をするために開発された機械や道具に、いつの間にか、使われているのではないかと思うほどです。
しかし、人間の英知は素晴らしいもので、科学技術の急速な進歩発展という振り子のバランスを取ろうとして、人間にしかできないことを大事にしようとします。これから人間性回復ビジネスは活況を呈することでしょう。

いつの時代も変わらないものは、私たち誰もが、「明るい、幸せな未来」を実現するために、努力し、生活していることです。中でも現代は人類史上かってないほど多様性を認める時代です。同じ「明るい、幸せな未来」でも、求めるものは人それぞれ異なります。この要求にこたえるために「仕事」があります。
わが社の提供する商品やサービスは、この要求にこたえているでしょうか?
そして、それが、ともに働く社員や協力会社の仲間の明るい幸せな未来につながっているでしょうか?
わが社の提供する商品やサービスを今一度見つめ直してみましょう。 

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!

Parse error: syntax error, unexpected $end in /home/m2o/www/administrator/components/com_bbclone/var/access.php on line 418