トピックス
No.399【「顧客満足」と「顧客不満足」の差】-2006.3.29
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.890~919 arrow No.892 ≪天行健なり≫-2015.11.25
No.892 ≪天行健なり≫-2015.11.25 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2015/11/25 Wednesday 16:27:33 JST

No.892 ≪天行健なり≫-2015.11.25 目加田 博史

 

パリの連続テロ事件で被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
四書五経の中の易経に「天行健(すこやか)なり 君子はもって自ら彊(つと)めて息(や)まず」という言葉があります。意味は「宇宙の歩みは、一秒たりとも遅れもせず早まりもせず、途切れることなく、規則正しく運行している。私たちも、宇宙の歩み同様に、倦まず、たゆまず、自らを高め、学問に精を出し、人と交わり、自らの使命、即ち仕事を全うして、規則正しく生きねばならない」と理解しています。

地上で起きている出来事に影響されること無く、宇宙は常に、造化・生成化育し、前に前にと、留まることなく、変化し続けています。その宇宙の意思を地上界で具現化するのが人間に課された使命です。それを「誠」という言葉で表現する人もおられます。
全ての国の、全ての民族が、よりよい社会にするために、より幸せになるために、様々な努力を続けています。しかし、それぞれの価値観が異なるために、対立がおこり、争いがおこり、多くの被害者を生みだしているのが現状です。今おきている紛争や戦争は、その対立が激化して起きています。対立の最も根本的な原因は「貧困」です。これはいつの時代も変わらない真理です。

私たちビジネスマンは、仕事を通じて関係している人たちを幸せにすることができます。まずは、社員を幸せにできます。社員の家族を幸せにできます。仕入先や協力会社の方々を幸せにできます。そして、お客様を幸せにできます。幸せの形は人それぞれで異なります。より自らを磨いて高めたい人もいます。より豊かになりたい人もいます。より充実した時間を持ちたい人もいます。より社会に貢献したい人もいます。幸せは十人十色、百人百様です。それを会社の仕事を通じて実現できるなんて素晴らしいではありませんか。

宇宙の意思にかない、関係する人々を幸せにするような仕事とは一体何か。それは誰かのお役にたち、「ありがとう、あなたのおかげで助かりました」と感謝される仕事だと思います。誰かが困っている問題を解決してあげることで、お役にたつのです。

きれい事だけでは仕事はできませんし、会社は成長しません。しかし、会社の本質を究めないでは、長く社会に存在を許されないことも事実です。
経済産業省の最新の経済センサスを見てみると、日本の会社数が激減しています。2008年には421万社だった会社が2014年には385万社と35万社減少しています。その多くは、継承者不在で廃業した中小零細企業又は個人商店と思われますが、企業経営に携わる者として人ごとではありません。
一方、100年以上続く老舗企業が年々7%以上の割合で増加しています。これは、事業の本質、会社の本質を愚直に究めている企業が増えた証でもあります。いわゆる、きれいごとを当たり前に実践している企業です。

「天行健なり」という宇宙の姿を見習い、足元を見つめ直そうではありませんか。その実践が会社を良くし、地域に貢献し、社会、ひいては世界の貧困を撲滅する原動力になること間違いありません。

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!