トピックス
No.405【会社の元気は社員のやる気づくりから】-2006.5.10
更に読む...
 
Home arrow FAX情報 arrow No.860~889 arrow No.880 ≪トップの温情が危機を呼ぶ≫-2015.8.26
No.880 ≪トップの温情が危機を呼ぶ≫-2015.8.26 プリント メール
ユーザ評価: / 0
悪い良い 
2015/08/26 Wednesday 15:17:57 JST

No.880 ≪トップの温情が危機を呼ぶ≫-2015.8.26 目加田 博史

 

915日から毎月1回、経営者の為の新企画「経営志行塾」をはじめるにあたり、そのテキストづくりの準備もかねて、1996年創業以来、毎週水曜日に発信してきたブログを整理しています。今回で880回目の発信となります。その時々の時事問題を取り上げたり、幹部向け、社員向けにシリーズで書いたり、イギリス、中国、韓国の時事問題を取り上げたり、様々な工夫をしてきました。
その中で最も閲覧数が多かった順にブログを眺めていて意外なことに気づきました。ISOや営業ノウハウといったキーワードについで、2010630日に発行した「炭薪奉行に学ぶコスト感覚」というブログが続いています。どのような検索ワードを使えばヒットするのか意外でしたので、改めて読み返してみました。

内容は「木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が炭薪奉行を命ぜられた時の話で、通常の奉行は炭薪の管理を強化して節約するが、藤吉郎は「冬は寒いのだから節約不要、どんどん使え」と奨励して回った。一方で、戦場で命がけで戦う兵が、冬は寒いからと言って、火鉢を抱いて、お茶を飲んでいたのでは、体がなまり、いざという時に戦いに負けてしまう。どこかの国が急襲してくればひとたまりもない。これは危険な状況だ。この現状を許している一番の原因は織田信長の温情にあると見た。
織田信長は「日頃は信長の為に命を投げ出し戦ってくれている兵なのだから、雪で戦(いくさ)のできない冬ぐらいはゆっくりと過ごさせてやりたい」と思っていた。藤吉郎はこの信長の温情を断ち切ることが何よりも大事だ、これこそ炭薪奉行として拝命した自分の使命だと確信した。そのためには、冬といえども訓練をしなければならない。訓練を通じて主君と家来の絆も深まり、隣国のどこよりも早く戦を始めることで勝利を確実にでき天下統一が近付くことと、炭薪の節約による財政再建が可能になると考えたのです。
そこで、織田信長に「恐れながら」と意見具申をして、それを聞いた信長も「良く言った」と評価した。そして、冬の訓練が始まったのです。その結果、炭薪の使用量は普段の1/3まで削減し、財政再建に大いに貢献した」というものです。

あの冷酷無比と言われた織田信長にして、この温情を抱き、自らの意思では温情を断ち切れなかったのです。「雪深い冬の間ぐらいゆっくりさせてやろう」という思いが、緊張感を解き、油断を産み、リズムを狂わせ、財政を圧迫してしまったのです。天下統一という偉業を成し遂げる過程において、このような温情は危険だと察知した木下藤吉郎の経営者感覚は群を抜いていました。陸地でつながっている日本で「四隣皆敵」の戦国時代ではスパイがいたるところにいるのは常識で、常に危機と隣り合わせです。「常在戦場」という原理原則の中で、自分の使命の本質を見抜き、革新を突いた対策を打ち出した木下藤吉郎の感覚が評価されたと思いました。
私たちの仕事もかくありたいと思います。 

 
(C)2005 建設業経営コンサルタント 目加田経営事務所 組織活性化、売上げ向上、コストダウン、ISO取得支援、ビジョン策定のお手伝い 沖縄 大阪 京都. Powered by Mambo. Designed by MamboTheme - Mambo professional templates!